MENU
不眠症改善!サプリの口コミとランキング TOP  >  憂鬱やうつ病を治したい  >  朝起きられないのはうつの影響?症状を改善する具体策とは

朝起きられないのはうつの影響?症状を改善する具体策とは

024a7f30e57799874be92f7fd2622b42_s

どうしても朝起きられないというような日々が続いていて、本当に困っているという人もいるようです。

単純に「朝起きられない」と聞くとただ疲れていただけとか、寝不足なだけだろうといったようなイメージで軽視してしまうことが多いと思います。

ただ、実際本当にこの症状で困っている人は疲労や寝不足などではなくもっと別のところに原因を抱えていることがほとんどです。

そしてこの朝起きられないという症状はうつ病の影響として出てきている可能性もあるとされています。

朝起きられないのはうつの影響って本当なの?

うつ病は日常生活を送る際に様々な弊害がでてくるような症状を発症してしまう厄介な精神病です。

中にはうつ病が原因で不眠症になってしまう人もいれば、今回のように眠ることはできても起きることが困難になるというタイプの人もいます。

酷くなると社会生活を送るのが困難になる場合も

そもそもうつ病にかかってしまっているということは仕事などといったように人と関わる社会生活を送っている中で相当なストレスに悩まされていたりすることが原因となる場合が多くなっています。

その状態で家に帰宅して眠りにつくと、朝になったとしても「あの場所に戻りたくない・・・」という潜在意識からか起きるのが非常に困難になる場合があります。

あまりそのような状況が長い間続くと仕事もままならなくなってくるので結局休職することになってしまうというケースも非常に多いです。

昼夜逆転生活がうつ病を悪化させる

実際にうつ病にかかっている患者さんに直接聞いてみると、朝起きられないことからはじまって最終的には完全に昼夜逆転してしまうということも決して珍しいことではないとのことです。

うつ病を療養していきながら朝起きられないという状態を改善していくためには少なくともある程度規則正しい生活を送るようにしていくということが必要となってきます。

それにも関わらず、休職してしまったりして自宅に入り浸るようになると逆に朝起きられないというよりも朝に寝て夕方に起きるというような状態になりそれが普通になってしまうことがあります。

実はこれが脳のホルモンバランスを崩したり、朝や午前中の太陽の光を浴びられないことからセロトニンが全く分泌されずに体内時計が狂うという問題がでてきます。

体内時計が狂うと更にうつ病の症状が悪化してしまう傾向にあるので決してこの昼夜逆転している状況は軽視してはいけないことなんです。

うつ病の影響で朝起きられない時はどうやって対策べき?

それでは現状でうつ病による影響から朝起きられないという状態になってしまっているのであれば、どのようにして対策をしていくべきなのか気になるところではないでしょうか。

症状をできるだけ早く改善するために今すぐにでもすべき対策方法について解説していきます。

できるだけ明るい時間帯に外に出て光を浴びる

055050182b2b7d250f09ec3175700cdd_s

太陽の光を浴びない生活をしているとうつ病は中々良くなりません。

その理由は太陽の光を浴びないことから睡眠ホルモンのセロトニンが不足してしまうというところにあります。

出来る限り毎日日光を意識して浴びるようにしていくことでセロトニンが増えていきますし、日光を浴びられる時間帯に外に出られるようにすることで生活リズムも規則正しいものにもどしていくことができます。

朝起きられないとしても、起きた段階ですぐにカーテンを開けて太陽光が部屋の中に入ってくるようにしていくといいですね。理想を言えばそのまますぐに外にでて少しだけ散歩をしたりできればなおいいです。

うつ病の方は何かと理由をつけて暗いところに長時間引きこもることを好む傾向にあるので、何とかその状況を打破していくようにするべきです。

セロトニンを増やす栄養素!トリプトファンを摂取しよう

どうしても朝に起きられないし、太陽の光を浴びることができる時間は布団の中にいるというような場合は光を浴びてセロトニンを増やすというのも難しくなってきます。

そういう場合は栄養面からセロトニンを意図的に増やしていくことができるとされているトリプトファンという成分を摂取していくようにすると効果的です。

ちなみにトリプトファンは体内で生成することができない物質となっているので、摂取するには食事から摂取するかサプリメントなど健康食品から補給していく必要があります。

→トリプトファンを効率的に摂取できるサプリメントについてはこちらを御覧ください。

まとめ

今回はうつ病の影響で朝起きられないという症状の現状について詳しく解説しながら改善へ向けてすべきことを紹介してきました。

自力で対策をしてきても中々症状が改善できないどころか悪化してきている・・・というような場合は今回ご紹介したような方法でセロトニンを増やすようにしていくことで比較的早い段階でサッと朝に起きられるように変わっていきます。

私が過去にうつ病でどうしても朝に起きられなかった時は夜寝る前にセロトニンを増やせるサプリメントを飲むようにしていました。

そうすることで寝ている間にセロトニンを体内に増えるようになるのでちょうど朝起きるような段階で起床するのに必要十分なセロトニンが既に体内にある状態を作り出せるようになるからです。

その結果今まで何をしても起きられなかったのに、何の問題もなく朝に起きられるようになり、外に出て自宅の周辺を軽く散歩することができるレベルまで症状が改善していきました。

このようにプラスの連鎖が起きるようにしていくと早い段階で悩ましい症状が改善できますのでぜひ参考にしてみてください。

セロトニンを増やせる!トリプトファン配合のマインドガードDXを実際に使った体験談

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>【本当に効く】睡眠サプリ10種類を徹底検証

>>最も即効性がある睡眠サプリ「マインドガードDX」を飲んでみた

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ

同じカテゴリー「憂鬱やうつ病を治したい」の一覧

無気力でやる気が出ない原因は?何もかもどうでも良くなる理由

無気力でやる気が出ない状態が続くとかなりつらいですよね。しないといけないことは山ほどあるのに何もかもがどうでも […]

記事の続きを読む

プレッシャーに弱いのは病気?克服するための方法8選

とにかくプレッシャーに弱いということで悩んでいる方は結構多いですよね。 普段とくにプレッシャーを感じたりしない […]

記事の続きを読む

入眠障害はうつ病の症状?原因と正しい治療法とは

ベッドに入って寝ようとしても全然寝れないまま時間ばかりがすぎてしまう・・・そんな寝つきが悪いという症状は入眠障 […]

記事の続きを読む

考えがまとまらないのはうつの症状?更年期にありがちな症状の対策

考えがまとまらない状態がずっと続いてしまうのはうつの症状の一つです。 特に更年期の時期に入ってきた女性は色々と […]

記事の続きを読む

パニック障害に本当に効果のあるサプリはあるの?

  パニック障害になると本当に辛くて辛くて仕方ないですよね。 特に子どもがいるお母さんなどがパニック […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    Copyright© 2017 不眠症改善!サプリの口コミとランキング

    ページトップ