不眠症で夜が怖い時の対策法!夜が怖いのは意外な原因だった

不眠症の方は夜寝れない状態が続く為、また寝れないのではないかと夜が怖いとなってしまう方がいます。

夜になる度に意識が寝れないというイメージに捕らわれてしまうことでどんどん不眠症状が悪化して、夜が怖いという状態に陥ってしまいます。

今回はそんな不眠症で夜が来るのが怖いと悩んでいる方にピッタリな対策方法を教えます。

不眠症で夜が怖くなる原因

不眠症の方の多くは寝れない状態が続くことで夜が来るのが嫌に感じたことがあると思います。

  • また今日も寝れないのでは…
  • 今日も夜中に何回も起きたらどうしよう…
  • 寝れないまま朝をむかえたら嫌だな…

こんな風に不眠症の方は寝室や夜という睡眠を連想させるものをイメージすると自然と寝れないイメージが定着してしまい、関連するイメージ全体へ恐怖や嫌悪感を持つようになってしまいます。

この状態は不眠症を改善するためには非常にマイナスで寝れないイメージをつけてしまうことで本当に不眠症状を悪化させてしまうケースもあります。

夜が怖いと感じる大きな原因は夜になると「寝れない」という精神的な苦痛が待っているため自然と学習し、結果的に「夜→寝れない→辛い」というイメージが完成してしまい夜が怖い、夜が嫌だという心理を引き起こしているのです。

不安感や緊張を解く事が重要

不眠症によって夜が怖いとイメージ付いてしまっている方は、まずは夜に対して感じているイメージや緊張・不安感を説いていくことが必要です。

不眠症の方の場合は夜のイメージを聞くと「寝れない・漠然とした不安感を強く感じる」と言った負のイメージを持っている方が圧倒的に多いです。

この負のイメージを変えるのは正直大変で、自分の好きなものを寝室に置いたり、リラックスできるイメージの寝室へ模様替えをしたりする必要が出てきます。

不眠姫
不眠症を改善したいけどお金をあまりかけるのはちょっと…という方もいると思いますのでここから先ではお金をあまりかけずにできる対策を中心に紹介します。

夜が怖い時の対策方法

寝る前にプラスのイメトレ

まずお金もかけずに今日からスグできる対策方法としては意識を怖い・嫌だというマイナスイメージから離すことです。

寝る前の10分間などヨガなどを取り入れて1日合ったことを消化する時間を作ったり、瞑想を10前後するだけでも意識がそれて不安感や緊張感をほぐしてくれます

上手に瞑想などイメージトレーニングを上手くいかせるためには最初の方は好きな香りのアロマオイルを炊いたり、パジャマをお気に入りのものに変えたりと視覚や嗅覚への情報をプラスの物を取り入れるのも効果的です。

夜が怖いとイメージの多くは自分が作り上げた予期不安という妄想によるところが大きいので、妄想をプラスのものに変えるだけでも「寝れない・不安」というイメージから意識を離す事ができるので寝る前はできるだけ良いイメージを想像する習慣をつけましょう。

創作活動をしてみる

夜になるとまた寝れないんじゃないかと恐怖を感じる場合、寝る2〜3時間前から創作活動に没頭するのもおすすめです。

創作活動、つまり手芸や絵画・ぬりえなどを行うことで「夜が怖い・寝れない」というイメージから意識を離す事ができるため効果的です。

不眠姫
更に目を酷使する手芸などをしていると自然と眠気が誘発されたり、あまり考え事をせずリフレッシュできたりするのでストレス発散などにも効果的です。

 

怖いイメージのものを寝室から撤去する

不眠症で夜が怖いという方の多くは具体的なものに対しての恐怖というより漠然とした気持ちの問題が大きいと思います。

しかし中には夜の暗闇が怖くて寝れない、寝室の鏡が夜になると怖くて気になって寝れないという方もいるかもしれません。

このように何か具体的な物などに対して恐怖を感じている場合は対策として、その恐怖の対象物を寝室から撤去するかリサイクルセンターなどに思い切って売ってしまいましょう。

夜が怖いというイメージで多いのが「鏡・暗闇・人形」が多いのでもし当てはまるという場合はまずはその恐怖の対象を寝室の外へ移動させてみたり、間接照明を購入して就寝時に薄く明かりを灯すなど対策を講じてみてください。

暗闇が苦手で夜が怖いという方に特におすすめなのがLEDライト式のゆらゆらロウソクです。

電気式なので寝ている間に火事の心配もありませんし、炎のような優しい光が眠りやすい環境を作り出してくれるので寝つきを良くしたい方におすすめです。

強い緊張と不安感を感じる場合

ここまでで紹介した対策方法をどちらかと言うと不安感が軽度だったりまだ不眠症としても度合いがかる方に向いた対策方法でした。

より不眠症の度合いが強くなってくると緊張感や不安感が強くなり、酷いとめまいや動悸などを感じるようになる方もいます。

こんな方に向いている対策法が睡眠サプリを活用する方法です。

睡眠サプリの中でもマインドガードDXは緊張感をほぐしてストレスへの緩和効果があります。

更に睡眠サプリなので入眠しやすい状態にしたり中途覚醒を起こしづらくしたりと不眠症で夜が怖いという方にとっては特効薬になり得るサプリです。

実際に私自身も不眠で悩んだ時期にお世話になりましたが飲み始めて1習慣ほどで効果を実感できたのでとにかく早くこの状態を脱出したいという方におすすめです。

マインドガードDXの効果と実際に使用した本音のレビュー

2017.10.08

突発的に不安感が強くなる場合は注意

毎日夜になる度に憂鬱になったり恐怖を感じるという方の場合は原因がある程度絞れますが、突発的に不安感が強くなって軽いパニック状態になってしまう場合は注意が必要です。

突発的に起きる強い不安感によるパニックはいわゆるパニック障害と言われる症状を引き起こしている可能性が強いため、恐怖や不安感によってパニックを起こす方は早めに心療内科などで相談する必要があります。

パニック障害の場合は強い不安感などの他に息が詰まったり過呼吸になったりと身体にも強い症状が現れますので早急に専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

パニック障害で眠れない!寝る前に突然来る動悸を改善するには?

2015.12.25

不眠症で夜が怖いまとめ

不眠症の症状が続いて夜が怖いと感じている方の主な原因は予期不安と言って自分自身が作り出した妄想で苦しめられている方がほとんどです。

毎日毎日マイナスのイメージを頭に受かべることでいつの間にか脳へもマイナスのイメージが定着してどんどん負のスパイラルへと陥ってしまいます。

この自分で作り出した不安を改善するには視覚や嗅覚へ訴えたり、睡眠サプリなどの緊張を和らげる商品でマイナスイメージを改善してあげる事が効果的です。

不安感に対する対策
  • 瞑想などリセットする時間をとる
  • 寝室の環境を変える
  • 睡眠サプリで緊張感を緩和する
  • 創作活動などする

今回手軽にできる夜が怖いという心理的なストレスを解消するおすすめの方法としては上記のような方法を紹介しました。

私自身も睡眠サプリを使い始めてから自然と睡眠の質が上がり就寝時に漠然とした不安感を感じることが減ったので、とにかく早く今の状態を改善したいという方は睡眠サプリなどの活用も検討してはいかがでしょうか。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ