寝ないといけないのに寝れない時の最終手段とは?

寝ないといけないのに寝れないこんな経験誰しも1度や2度はあると思います。

しかし、この「寝ないといけないのに寝れない」状態が続いたりすると日常生活や精神面へも影響してきます。

不眠姫
寝ないといけないのに寝れないこんな時に使える最終手段を症状別にまとめました。

 

寝ないといけないのに寝れない原因はコレ

明日は大事な用事があるから早めに寝ようと思ってベッドに入ったはいいが全く寝れない。

こんな症状心当たりありませんか?実は寝ないといけないのに寝れない時にはいくつかの原因が考えられます。

寝れない5つの原因
  1. 精神的な不安感から緊張状態で寝れない
  2. 生活リズムが乱れている
  3. 寝るのに快適な環境でない
  4. 身体的な問題
  5. ストレスによるもの

大きく分けると以上のような原因によって眠りずらくなっていることが考えられます。

寝ないといけないのに寝れないと精神的にも非常にストレスを感じますし、肝心な時に眠気が襲ってきてとにかく困ります。

実際に原因別に寝れない時に行うと効果がある方法を紹介します。

寝れない原因別対処法

寝ないといけないのに寝れない時に是非試してほしい最終手段をここでは紹介します。

不安感から寝れない時

試験前や仕事で大きな大役を任された時など前日になると早く寝ようと思えば思うほどそわそわして寝れないなんてことありませんか?

実は予定があって早く寝ようとしても寝れないのは精神的な不安感が深く関係しています。

心理学では予期不安と言ってこれから先の未来の物事に対して不安感を強く感じる状態を言います。この予期不安の症状が強いと不眠症などを引き起こす原因となります。

予期不安による不眠は不安感をいかに軽減させるかが重要となります。

大事な予定などがある時だけピンポイントで寝れなくなるタイプの方は睡眠前にリラックス効果のあるアロマやハーブティーを飲むだけでも精神的な不安感を抑えて入眠しやすくなります。

日常的に頻回不眠症状が出る場合は睡眠薬や抗不安薬よりも効果が軽いトリプトファンやノニなどを含む睡眠サプリが最適です。

不眠姫
たかがサプリで本当に寝つきが良くなるのかと思う方もいると思いますが、実際に私自身も使ってみて驚くほどスムーズに寝ることができました。病院などで不眠治療をする前に寝つきが悪くて悩んでいる方は是非サプリでの対策も検討してみてください。

 

生活リズムの乱れ

いつもは夜12時をすぎないと寝ないのに急に9時に寝ようとしても思うように寝れなくて困った経験ありませんか?

基本的に私たちの身体は体内時計(サーカディアン・リズム)があって睡眠や行動するリズムを管理して生活しています。

この体内時計は毎日大体決まった時間に起きて寝るというリズムを規則正しく行っているので、急にリズム外の時間に寝たり起きようとすると「寝ないといけないのに寝れない」という現象を引き起こします。

対策としては早寝、早起きする予定の1週間ほど前から同じような時間帯に寝て起きるようにすることが体に負担もなく効果的です。

不眠姫
他には緊張をほぐして寝つきをよくするテアニン・ギャバ・カモミールなどを含んだアロマやお茶を飲むと比較的すんなり入眠できます。

 

寝る環境が整っていない

睡眠の質を左右するのが睡眠をとる環境です。

一般的に快適に寝れことができる温度が25~28度、湿度が50~60%ほどと言われています。
しかし夏場は気温・湿度ともに高くなりますし、冬は乾燥や寒さで理想的な環境を維持するのが難しいです。

そこで活躍するのが寝具です、夏場に冷感素材の毛布に変えたり通気性の良い敷布団に変えるだけでも布団内の湿度が下がり寝やすい環境になります。

もちろん他にエアコンや扇風機で気温と湿度を管理するものおすすめです。

特に湿度は高すぎても引きすぎても不眠の原因となりますので設定を60くらいにしておくとたいていはちょうど良く寝やすい環境になります。

気づきにくい身体的な問題

布団に入ってうとうとしていてもなんだか寝ないといけないのに寝れないというのは身体に問題があるかもしれません。

最近よくテレビなどでも紹介されるようになった睡眠時無呼吸症候群(SAS)という症状によって睡眠の質が低下して寝つきが悪くなったり、脳の不眠を引き起こすことがあります。

SASはいくつかのパターンに分けられますが多くは睡眠中に筋肉が緩んで舌の根元がのどの奥に落ち込むことで気道が狭くなり症状を起こします。

最初はきちんと寝れていたのにいつの間にか眠りが浅くなったりうとうとしていても急にハッとして起きてしまうなど睡眠障害を引き起こします。

対策方法としては呼吸器内科などの専門家のいるところで検査をして病院で治療する必要があります。

このタイプが原因で起きている睡眠障害の場合は残念ながらサプリなどでは改善は見込めないので早めに病院を受診する必要があります。

ストレスによる不眠

不思議なことに「寝ないといけないのに寝れない」と思うほどどんどん頭がさえてきてしまうことありますよね。

寝ないといけないのに寝れないと感じている時点でかなりストレスを感じている状態ですし、そもそも次の日に嫌な予定があればなおさらです。

ストレスは不眠の原因の大半を占めており現代人の多くが軽度の不眠症状を感じています。

ストレスによる不眠に心当たりがある場合は最終手段としては自律神経系の不調を整えるギャバや精神をリラックスさせるテアニン・トリプトファンと言った成分が豊富に配合されているサプリがおすすめです。

なぜ睡眠薬をオススメしないかと言うと睡眠薬を使用すると場合によっては睡眠薬なしではなかなか寝れなくなるケースも出てくるからです。

ですので軽度の不眠でお悩みの場合はまずは副作用などが気にならない睡眠導入サポート系サプリの使用が最適です。

寝ないといけないのに寝れない時の最終手段

睡眠薬に頼らず睡眠サプリで対策をするのがベスト

「寝ないといけないのに寝れない」そんなお悩みをお持ちの方に最も最適な最終手段としては睡眠サプリを活用するのが手っ取り早い対策方法です。

睡眠薬などは市販のものもありますが副作用などもありますし、内服量によっては起きていたい時間に眠気が発生してしまうなど管理が難しい一面もあります。

その点睡眠サプリは副作用がほとんどなく自然な睡眠をサポートしてくれるので日常的に使うことで睡眠の質を上げて寝つきを良くすることが期待できます。

寝ないといけないのに寝れないという場合はその時の状況によって対策方法も変わってきますが、基本的に就寝前にリラックスした状態を保てれば悩むまもなく寝ることも期待できます。

毎日寝れない時は病院も検討

最初はたまにだったけど気づいたらほぼ毎日寝たいのに寝れない日が続くという方は重度の不眠症状が出る前に専門の病院を受診しましょう。

睡眠が十分に取れない状態が続くと精神的にもストレスが溜まりうつ症状などが出てくるケースもあります。

1カ月以上満足に寝れないと強く感じる場合はカウンセリングや心療内科などで一度相談してみることも必要です。

この記事のまとめ

寝ないといけないのに寝れないととってもイライラしますしどんどん不安になってきたりと良いことがありません。

寝れない時に考えられる原因はいくつかありますが快適な睡眠に欠かせないのが心身ともにリラックスすることです。

リラックスと言っても自分一人ではなかなか難しいと思いますので手軽に睡眠の質を上げたいとお考えの方は睡眠サプリなどのリラックス効果の高いサポートアイテムがおすすめです。

不眠姫
実際に仕事のストレスや夜勤などで寝ないといけないのに寝れない状態を経験した私が使って効果を感じた睡眠サプリの比較記事もありますので、どうにかして睡眠の質を高めたいという方は参考にしてみてください。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ