MENU
不眠症改善!サプリの口コミとランキング TOP  >  眠りの質をよくする方法  >  寝るときにリラックスできない!睡眠時の過緊張を改善するには?

寝るときにリラックスできない!睡眠時の過緊張を改善するには?

e6fc6ea504c7d5039c2bf21dd5961920_s

寝るときにリラックスできないという状態に悩まされている人も多いと思います。

普段起きている時にそこまでひどく緊張していたり不安を感じているというわけでもないのに、ベッドに入って眠ろうと思った時に急に心が落ち着かない感じになってしまう。

このような状態になってしまうことを睡眠時の過緊張と言いますが、対策をしていくなら具体的にどうすればいいのか気になるところですよね。

管理人の不眠姫は過去に酷い不眠症に悩まされていた時期もありましたし、不眠とまではいかないまでもリラックスして寝付くことができない症状で困っていた時期もありました。

どうやってその時期を乗り越えることができたのかという経験談も交えながら改善策についてお伝えしていこうと思います。

過緊張の原因は自律神経の乱れにあり

過緊張にはいろいろな症状があるのですが、日中に症状がでてしまう人は暑くないのに汗が止まらなくなったり、体が常に重く感じるといったような症状がでてきます。

そして夜に症状が出てくる人は過緊張が影響して寝るときに緊張してリラックスできなくなってしまったり、夜中に何度も何度も目覚めてしまうというような睡眠時のトラブルに発展するようになります。

過緊張というのは自律神経が興奮状態になっているということなので、夜になった時にその症状が発症してしまうと睡眠にも直接的に影響してくるようになってしまいます。

 

別に緊張するような出来事が全くないような日でも毎回同じような状態になってしまうということになると、いくら病気ではないと言っても日常生活に支障がでてきてしまうこともあります。

リラックスできない状態のまま意識を失うような形で眠りについたとしても、眠りが浅くなるので疲れがとりきれずに次の日の仕事などに影響してくるということも考えられますね。

なぜ自律神経が乱れて過緊張になったのか

それでは寝るときにリラックスできない原因が自律神経が乱れて過緊張した状態担ってしまっているというところにあるということがわかったところで、今度は自律神経が乱れてしまった原因についても見ていきましょう。

人間関係

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

自律神経を乱してしまう可能性として最も高いのはやはり人間関係の問題でしょう。

恋人との関係が上手く行っていないとか、上司の圧力がイヤすぎて大きなストレスになっているとか。はたまた自分の子どもが独立して家をでてしまった空虚感など年代や性別によって様々な人間関係によるストレスがあるのではないでしょうか。

どうしても社会に出る以上は多くの人と関わりを持たなければいけなくなりますし、その関係性が深くなればなるほどトラブルがあった時のダメージなども大きくなります。

周囲に気を使うということも大切ですが、他人にことを気にしすぎる人は自分にストレスを溜め込んでしまいやすいので結局損をしてしまう事が多くなります。

運動不足

a021171066f0da242b288a1b1650a52e_s

人間関係のトラブルは自律神経を乱している原因として想像もしやすいところかと思いますが、それとは打って変わって運動不足も実は自立神経を乱す一つの原因となっています。

運動というのは実は食事や睡眠と同じくらいに健康に生きていくために必要不可欠な要素でもあります。

学生のときは通学で歩いたり、体育の授業や移動などで必然的にある程度の運動を意識しないうちに行っているのでこういった問題は起こらない場合が多いです。

しかし、学生生活を終えてからは運動するかどうかは完全に個人の裁量に任される部分でもあるので、運動が好きな人や、意識的に健康のために運動を行っている人と比較して運動嫌いで怠けてしまっている人との差が日に日に大きくなっていきます。

ちなみに運動不足だからといって激しすぎる運動を行うと、運動による負荷とストレスが大きくなりすぎて自律神経のバランスを崩すこともあります。

現状で自分は運動不足かもしれないと感じている場合は軽く汗を流す程度の有酸素運動やストレッチなどを少しづつ取り入れるようにしていくのが効果的といえます。

食生活

91b17b78a09dce1f2b2a26764798292c_s

飽食の時代と言われる現代はどうしても食べる物が自分が好きなものばかりに偏ってしまいやすい傾向にあります。

また、面倒だからといってインスタント食品や加工食品を食べる頻度が高くなってくると自律神経を整えて維持するために必要な栄養素が食事から摂取できなくなっているということもあります。

ビタミンB群やマグネシウム、カリウム、鉄などといった栄養素をバランスよく摂取していくのが本来は理想的となっています。

どうしても食事でそれらの栄養素を補いきれないという場合はサプリメントなどを代用して使っても構わないので、必要な栄養素を必要なだけ摂取するということは忘れないようにしていきたいところです。

睡眠時の過緊張を和らげるリラックス作用のあるサプリも

寝るときにリラックスできないということで、過緊張に悩んでいる場合はリラックス作用のあるサプリメントを使うようにしていくと早い段階で症状が改善されます。

私の場合はリラックスもできないし入眠もできない状態だったので、最初は睡眠薬を使っていたのですが、副作用がひどくて結局途中で使用を中断してサプリメントに切り替えるようになりました。

これまで使ってきたサプリの中ではグッドナイト27000というサプリが最も成分的にも充実していて実感できたリラックス効果も高いものとなっています。

とくに話題のリラックス成分のラクティウムが2700mg配合されているということで、寝る前に飲んでおけばリラックスした状態でそのままスーッと眠りにつくことができます。

まとめ

今回は寝るときにリラックスできないという症状の睡眠時の過緊張の悩みの原因と、対策をするための方法についてお伝えしてきました。

サプリに頼るのはちょっと・・・と後ろ向きに考えてしまう人もいますが、早く効果を実感して質のいい睡眠を確保するようにしたほうが間違いなくその後の健康状態も良くなっていきます。

サプリは医薬品とは違って副作用などの心配もないので、安心して睡眠時のトラブルを改善していくために使っていけるものとなっています。

どの睡眠サプリが良いか迷う方へ

368af1238335081b98c1a416297da8af_s 睡眠サプリには色々な種類がありますので、正直な話自分にはどのサプリがピッタリなのか分からないし迷っちゃう・・・という方もいるのではないでしょうか。 迷ってばかりでは前に進むことができないので、まずは万能に使えて品質の高いものから選ぶようにしていくのがベストではないかと思います。 当サイトの中でも私が実際にこれまでに使ってきた睡眠サプリを徹底的に比較しながらその効果をまとめています。 ただ症状は人によって違うので本当だったらその人の症状に併せて最適な睡眠サプリを選ぶのが一番です。 これまで私が使ってきた結果と、モニターさんが使った口コミなども統計して考えるとキッコーマンが販売しているピースナイトという睡眠サプリが最も効果的であると考えています。 まずその理由はテアニンとGABAが同時配合されたことによって「機能性表示食品」に認定されていることですね。グッスリ眠ってスッキリ起きることでストレスや疲れも緩和していくことができるサプリになっていると今注目を集めています。 私がこれまで実際に使ってみた結果としてもとくに効果が高いと感じられているものの一つなので、睡眠サプリで迷っているという場合はまずピースナイトからはじめてみるのが良いかと思います。 バナー原稿imp▲ピースナイトの公式ページを確認してみる▲

同じカテゴリー「眠りの質をよくする方法」の一覧

昼間眠いのに夜眠くない!?睡眠の乱れを整える対策方法とは

普通に昼間に働いている生活を送っていて昼間は眠いのに夜眠くないというような睡眠状況のバランスが大きく崩れてしま […]

記事の続きを読む

朝シャキッと起きる方法!秘訣は「○○の質」にあった

普通に夜眠ることはできているのに朝起きたときになかなかシャキッとできなくてぐずついてしまう状態になってしまうこ […]

記事の続きを読む

短眠は危険性がある?安全に短眠を目指すために必要な条件とは?

日本人は世界的にみても特に忙しく働いている人が多いですし、相対的に時間が足りないと思っている人が多い人種でもあ […]

記事の続きを読む

短眠でも熟睡できるサプリはある?健康を守りつつ睡眠時間を減らそう

短眠にあこがれを持っているという人も世の中にはたくさんいると思います。 やっぱり無駄にたくさん寝てしまっている […]

記事の続きを読む

寝るときにリラックスできない!睡眠時の過緊張を改善するには?

寝るときにリラックスできないという状態に悩まされている人も多いと思います。 普段起きている時にそこまでひどく緊 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    Copyright© 2017 不眠症改善!サプリの口コミとランキング

    ページトップ