妊娠中に不眠になった!安全に対処するための方法まとめ

妊娠中に不眠で悩む妊婦さんが多く、妊娠中なだけに薬なども使えず睡眠不足からお腹の赤ちゃんへの影響など心配しているという方がネットでも多く見かけます。

妊娠中は精神的にも身体的にも急激な変化が起きやすい時期ですのでちょっとしたストレスなどでも不眠になりやすくなっています。

不眠姫
今回は妊娠中に不眠になってしまった時に安全に対処するための対策方法をまとめて紹介していきますので是非参考にしてください。

妊娠中の不眠の原因とは

妊娠中に起きる不眠の原因はいくつかありますがここでは大きく分けて妊娠の時期などと合わせて簡単にまとめました。

妊娠初期に起こしやすい不眠

妊娠初期は身体の中で急激にホルモンバランスの変化が起きます。

妊娠していない状態だと女性は生理周期に合わせてエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが交互に優位になり身体へ変化をもたらしますが、妊娠中はプロゲステロンが優位になりエストロゲンの分泌が制限されます。

プロゲステロンが優位になると倦怠感や頭痛などを起こしやすくなったり、日中にも眠気が起きるなど生活リズムが乱れやすくなります。

普段私達が眠気を感じる時は体温が低下した時に強く眠気を感じるようになっているため、プロゲステロンが優位になる妊娠初期から妊娠中はプロゲステロンの影響で体温もいつもより高温になりやすく夜寝付きにくいなどの症状も起きやすくなると考えられます。

身体的な面以外にも妊娠初期は胎児の器官の発達にも非常に影響が出やすい時期でありその分妊娠中のお母さんも非常に神経質になる方が多い時期でもあります。

妊娠中のお母さんは母性が強くなるため周囲から子供を守らなければという強い気持ちにかられて以前よりも周囲に対して敏感になったりしてしまう時期でもあるので周囲の変化やストレスによって不眠を引き起こしてしまうケースもあります。

妊娠中期に起こしやすい不眠

妊娠初期は急激なホルモンバランスの変化によって体内のリズムが崩れたり、精神的にも神経質になり不眠になりやすいという特徴がありました。

それに対して妊娠中期に起こしやすい不眠の原因はプロゲステロンが優位になる期間が数ヶ月ほど経つことで起きてくるイライラや精神的な不安感が強く関係してきます。

妊娠初期の不眠はホルモンバランスによる身体面での変化が原因の不眠が多いのですが妊娠中期になると身体面よりも精神面の不調に起因する不眠が多くなりやすいです。

妊娠中期は特に理由もなく悲しくなったり、ちょっとした些細な他人の言動によってイライラしたりと非常に精神的に不安定な状態になりやすい時期でもありますので妊娠中期に起きる不眠はメンタル面でのケアが重要となります。

妊娠後期に起こしやすい不眠

妊娠初期・中期とホルモンバランスの変化に振り回されてきたお母さんもついに出産目前となる妊娠後期。

妊娠後期に起きやすい不眠の原因は身体的な原因が圧倒的に大きくなります。

臨月近くになるとお腹もかなり大きくなり一人ではトイレや服の着替えをするのですらしんどくなってきます。

特に胎児の激しい胎動も大きくなるのでお腹からダイレクトに振動を受けるお母さんたちは朝夜関係なくお腹の中から刺激されストレスや痛みなどで不眠になりやすくなります。

更に今まで抑制されていたエストロゲンの分泌量も再び増加してくるので眠気を抑制するエストロ減が増えるためホルモンバランスの面でも不眠になりやすい時期とも言えます。

不眠姫
お腹が大きくなる妊娠後期はうつ伏せや仰向けで寝るのもかなりしんどくなってくるので抱きまくらなど睡眠環境を工夫することが必要となってきます。

 

妊娠中にできる不眠対策とは

妊娠中に不眠症状が起きても多くの方は睡眠薬などを使うことは出来ずにただただ耐えるしかないと思っている方が多いと思います。

ここからは体に負担をかけずに安全にできる妊娠中の不眠対策方法を紹介します。

大型抱きまくらを活用する

妊娠中期から後期にかけて活躍するのがこの大型抱きまくらです。

今まで仰向けやうつ伏せで寝ていた方もお腹が大きくなるに連れてどうしても横向きで寝るようになります。

この時に大型の頭から足までカバーしてくれる抱きまくらがあると足と頭の位置をサポートしながらお腹に掛かる負担を軽減してくれるのでちょっとした昼寝から夜寝るときまで活躍してくれます。

出産後も赤ちゃんが寝返りをうつようになるくらいまでは簡易的なストッパー代わりにも使えるので妊娠初期に買っておくと長く使える便利アイテムでもあります。

寝具を腰に負担がかからないタイプにする

妊娠中に妊婦さんの多くが経験するのが腰痛です。

とにかくお腹が大きくなったりホルモンバランスの急激な変化などによってかなりしんどいほどの腰痛が妊娠中は起きやすくなります。

腰痛がひどいと今まで寝ていたペラペラの寝具だと腰への負担が全然カバーされず寝る度に腰痛がひどくなり不眠になってしまう場合もあります。

妊娠から出産まで数ヶ月ありますので妊娠が分かったら思い切って敷布団などの寝具を腰痛サポートに特化した物に変えるのもかなり有効な不眠対策です。

腰痛サポートに適した寝具としては有名なのがトゥルースリーパーやモットンがあります。

個人的には両方使用したことがありますがモットンの方がより低反発で身重の妊娠中の身体を全身しっかり支えてくれるのでかなり楽でした。

不眠姫
寝具の場合出産後の骨盤が開ききって腰痛などでしんどい時も活躍してくれるので多少高くても買う価値は十分にあったなと感じました。

 

実際にモットンを購入して体験した本音

精神的な原因の不眠にはサポート飲料

妊娠中の身体的な痛みなどによる不眠対策としては寝具を変えたり抱きまくらを活用するだけでもかなり快適に妊娠ライフを過ごせるようになります。

しかし精神的なストレスや不安感からくる不眠にはやはりリラックス効果などがあるサポート飲料などが必要となります。

妊娠中も安心して使用できる急速サポート飲料が「マインドガードDX」です。

実際に愛用者の中に妊娠中の方も多くおり妊娠中の不眠と言えばマインドガードDXというくらい不眠業界では有名なサポート飲料です。

安心安全の日本製なのはもちろん天然由来成分を使用しており薬などと違って自然な睡眠をサポートします。

妊娠中も安心して使えるように厳選されたハーブなどで構成されているのでイライラや不安感が強く不眠がちな妊娠中のお母さんたちの睡眠を強力にサポートしてくれます。

マインドガードDXの効果・体験談

精神の安定を高めるためスマホ・タブレットは制限

身近で今スグにでもできる対策法としてぜひやっておきたいのが就寝2時間前のスマホやタブレットの使用を極力控えることです。

電子機器から発せられるブルーライトなどの影響で知らないうちに神経が興奮状態になり寝付きに影響があることが分かっています。

ついついスマホやタブレットで色々見たくなりますが妊娠中はスマホの代わりに雑誌や小説など紙媒体の目への刺激が少ないもので睡眠前はリラックスしやすい環境を作ることが非常に大切です。

不眠姫
おすすめとしては睡眠2時間位前から照明を少し落としてリラックスしやすいアロマやノンカフェインのお茶などでホッとする時間を作るだけでも入眠しやすくなります。

 

空間ごとアロマで手軽にリラックスできるスプレー

無理矢理寝ようと頑張らない

意外に思う方もいると思いますが産休などである程度時間が自由になるのであれば思い切って寝れない時は寝ずに趣味などで時間を使ってみるのもオススメです。

不眠の1つの原因として目が冴えて寝れないにも関わらず無理に寝なければという強迫観念が作用して余計不眠になるという状態があります。

この場合は「寝れないなら無理に寝なくても良い、明日昼寝しよう」などと考え方を柔軟にするだけでふとした時に睡魔が来てあっさり寝れるようになったりします。

不眠姫
どうしても寝れない夜が続く場合は編み物や読書などちょっとした事で時間を潰してみることも対策としては効果的です。

 

妊娠中に起きる不眠対策まとめ

妊娠中は身体的にも精神的にも想像を絶する負担がお母さんの身体にはかかってきます。

だからこそ不眠などのトラブルで悩んで体調を崩さないためにもちょっとした工夫や対策を取り入れてあげることが必要です。

妊娠中はとにかく少しでも一人で考える時間があるとお腹の赤ちゃんやこれからのことを考えがちになりますので、1人で抱え込まずに家族と悩みは共有していくことが重要です。

妊娠中は睡眠薬はもちろん一部睡眠サプリなども使用しないほうが良いものもありますので、サプリなどを使用したいという方は使用前に主治医に相談することも忘れずにしてください。

妊娠中の不眠は生理現象などが関係している誰にでも起こりうる悩みの一つですので深刻に考え過ぎずに柔軟に対応することがもっとも重要です。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ