認知症で不眠の高齢者への対策

最近は認知症の高齢者の不眠や深夜の徘徊に悩むご家族が増えています。
88ffbc06833562eb2cdea088075489bb_s
今回は管理人が認知症の高齢者の不眠について解説していきたいと思います。

高齢者の睡眠の特徴

高齢者の睡眠は「寝つきが悪く」「眠りが浅く」なって眠りにくく目覚めやすいのが特徴です。

認知症になると周囲の環境変化に弱くなりますので、家族が面倒をみるために同居したり家族の家に連れて行かれたり、どこかに引っ越したりそれまでの生活と何かの条件が変わると不眠の原因になることが多いです。

また体内時計が狂い昼夜の区別がつかなくなったり、認知症の症状から日中に頭を使わずボーっとして活動せずに昼寝の時間が多くなったりすると、昼夜逆転して夜眠らずに徘徊して周囲のご家族が困ることもあります。

認知症の症状で睡眠・覚醒のリズム、体内時計の調節に関わる神経伝達物質の量が変化することが原因で不眠などの睡眠障害となる危険性が極めて高いと言われています。

中途覚醒が多く眠りが浅くなることで眠りの質も悪くなります。そのぶん昼間に眠気が多く、日中は昼寝、夜は覚醒の「昼夜逆転」現象が起こります。

人の体内時計、睡眠に伴う血圧の変化、睡眠ホルモンの分泌、寝るにあたっての自律神経の調節機能を果たしている脳の部分が認知症によって損傷してこのようなことが起きてしまうのです。

認知症にならなくても加齢とともにその脳の部分の体内時計、睡眠に伴う血圧の変化、睡眠ホルモンの分泌、寝るにあたっての自律神経の調節機能は徐々に失われてくるのですが、認知症になるとこの働きが更に悪化します。

認知症で不眠の高齢者の対策

認知症で不眠の高齢者の対策としては外に出てデイケアという高齢者に日中の活動をしてもらうための所に通所して昼間の活動量を増やしたり本来休むべき夜に寝付かなくなるため、多くは介護者や家族の負担が非常に重くなります。

夜に覚醒して徘徊が続けば家族や介護者にとっては負担が大きいものとなりますので、家にいさせないで出来るだけ日中はデイケアなど外で活動して程よい疲れの中で夜は休むという生活のリズムを作るとお互いによいでしょう。

デイケアに行けない場合には自宅で生活のリズムをつけるように昼間は散歩に出かけたり趣味に没頭してもらったり高齢者のできる家事や手伝いをしてもらったりするなど昼間は活発に動いていただきましょう。

しかしできるだけデイケアなど日帰りのサービスを利用し他人と会話をしたりレクリエーションやアクティビティで身体や脳を使うことは家にいるよりもよい意味で疲労感が増すため大変よいことです。

自宅にいる場合は日中なるべくでよいので安静にしたり横にならないようにしてもらいましょう。

認知症で不眠の高齢者に睡眠薬を使う治療をすると認知症が悪化することがとても多い

認知症不眠の高齢者に睡眠薬を使う治療をすると、ただでさえ機能低下をしている脳に睡眠薬でさらに機能の低下を働きかけることになり認知症が悪化することがとても多いです。

実際に睡眠薬を長く服用した人は認知症になるリスクが睡眠薬を使ったことがない人に比べて何倍も高いことからも睡眠薬の危険性が垣間見えます。

高齢者は睡眠薬が効きにくいため睡眠薬をかなり強力なものにしたり量を増やしたりしなくてはならないため最初は効いて夜に寝てくれても睡眠薬に耐性ができて一番量を増やしたり強い薬にしてもだんだん効かなくなり症状だけが悪化していく場合が多いです。

また睡眠薬の効きすぎで起きる時や移動しようと立ち上がる時にめまいやふらつきがひどいため転倒する恐れがあります。まずは薬に頼らず日中の活動量を増やすことを心がけて睡眠薬は最後の手段と考えるようにしましょう。

質のよい睡眠の基本条件とされるのが睡眠ホルモンのメラトニンの分泌です。

睡眠ホルモンのメラトニンは自然な眠りを誘うホルモンですが、体内時計のリセットも行っていますのでメラトニンを出すことがお年寄りにありがちな「体内時計の狂い」を解消することに繋がります。

睡眠薬のように副作用のない休息サプリメントはこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ