MENU
不眠症改善!サプリの口コミとランキング TOP  >  憂鬱やうつ病を治したい  >  入眠障害はうつ病の症状?原因と正しい治療法とは

入眠障害はうつ病の症状?原因と正しい治療法とは

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

ベッドに入って寝ようとしても全然寝れないまま時間ばかりがすぎてしまう・・・そんな寝つきが悪いという症状は入眠障害という一種の病気です。

入眠障害も原因を辿って行くと色々な原因が考えられる病気ですが、その一つにはうつ病が潜んでいるというケースもあります。

今回はうつ病からの入眠障害に苦しんだ経験もある不眠姫が入眠障害の原因と正しい治療方法についてお伝えしていこうと思います。

入眠障害はうつ病が原因で発症する?

結論から言いますと、入眠障害はうつ病が原因となって発症することはよくあります。

私自身がそうだったので言えることでもありますが、これは決して私だけではなく同じような悩みを抱えている人はかなりたくさんいます。

精神科に通っていた時期もあったので待ち時間の間に近くに座って待っていた人とはいつの間にか顔見知りのようになって「長いですね・・・」とか愚痴を漏らしつつ会話をしていると私と似たような症状だったという人は結構たくさんいました。

うつ病だと気分の浮き沈みが普通の人よりも激しくなるので自律神経と副交感神経のバランスがおかしくなってしまうので寝たいという意思があっても脳が覚醒状態のままになっているので入眠できなくなります。

入眠障害の原因として考えられること

それでは一体どのようなことが入眠障害の原因として考えられるのかというところを確認しながら、正しい対処方法をチェックして実行に移すようにしていきましょう。

精神的なストレスによるもの

e6fc6ea504c7d5039c2bf21dd5961920_s

ストレスにも色々な種類がありますし、人によって置かれている状況が様々なので何がストレスにいなっているかという点にはバラつきがあります。

会社で働いている人ならやはり仕事のストレスや上司からの圧力、同僚との人間関係によるトラブルなど数えきれないほどのストレス要因が紛れています。

また、それとは打って変わって社会生活を送らず専業主婦としてほとんどの時間を自宅で過ごしている人などは代わり映えのない日々にストレスを感じたり、家族のちょっとした言動などにイライラして喧嘩をしてしまうことなどもあります。

体内時計のリズムが乱れている

a0c4fa465dbb2fbc8069956597c3478d_s

また、いつも寝る時間がバラバラになることが多かったり、昼夜逆転してしまうような生活が多くなっていると体内時計のリズムが乱れます。

大学生などは特に寝る時間が適当になってしまうことが多いのでその頃から体内時計のリズムが乱れやすい時期でもあります。

普通の時間に帰宅できる会社に努めている社会人だったらそこまで体内時計が乱れてしまうことはありませんでしたが、帰宅時間が毎日遅くなってしまうような比較的ブラックな企業に努めていたり、シフト制で夜勤があるような職場に努めていると仕事が原因で体内時計が乱れることもあります。

できることなら寝る時間は毎日同じくらいの時間にしたいところですし、なるべく早寝早起きで安定させるようにするのが理想的です。

メラトニンが不足している

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s

寝たい時にスムーズに眠れるようになるためには睡眠ホルモンと言われるメラトニンが一定量分泌されなければいけません。

メラトニンは質のいい睡眠をとるためには必要不可欠な睡眠ホルモンであり、メラトニンが分泌されない状況が続くと脳をリラックスさせることができずに入眠障害に陥る原因となります。

メラトニンがなぜ不足してしまうのか?というそもそもの原因としては以下のようなものがあります。

最もよくある原因と言えるのはパソコンやテレビ、スマートフォンなどから発せられるブルーライトによる影響です。1日中それらの画面を見ていたりする人も最近では多いと思いますが、実はこれがメラトニンの分泌を抑えてしまう要因になっています。

私もうつ病を発症して仕事を退職する前にはIT業界で働いていたので常に毎日のようにパソコンを見続けてなおかつ深夜まで働きづめになっていることが多くなっていました。その結果、疲労と精神的ダメージで眠たいのに眠ることもできずに入眠障害になってしまいました。

メラトニンが不足している原因を取り除くか、メラトニンを分泌させることができる栄養素などを摂取するようにしていくかで現状を改善させることが可能になります。

入眠障害の正しい治療法とは

ここまでに紹介してきた原因などを見てどうするべきかわかった人も多いと思いますが、原因は分かっていても対策ができない人もかなりいると思います。

抗鬱薬などを処方してもらうという方法もありますが、私の経験上それはあまりお勧めできません。副作用などが酷いので。

もっとも安全に入眠障害を改善させることができるのはメラトニンの分泌を促す作用があると言われているトリプトファンという栄養素をサプリメントなどから補給するという方法です。

トリプトファンが持つ効果にはメラトニンのみならずセロトニンという精神を安定化させるためのホルモンも分泌させることができるので入眠をスムーズにして、なおかつ睡眠の質も高めることができるようになります。

私が最終的に選んだトリプトファン配合のサプリはグッドナイト27000というサプリでした。理由は配合量が圧倒的に多いということ、そしてトリプトファンと相乗効果が得られる有効成分が多数配合されているというメリットなどがあったからです。

まとめ

今回は入眠障害はうつ病の症状なのか。そして入眠障害の本当の原因についてお伝えしてきました。

うつ病は間違いなく入眠障害の原因になりますし、その逆で入眠障害がうつ病の原因になることもあります。

また、それ以外にも今回紹介したような様々な要因が重なって入眠障害になることがあるので原因はどこにあるのか確認しながら正しい治療方法を行うようにしていくのが理想的です。

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>【本当に効く】睡眠サプリ10種類を徹底検証

>>最も即効性がある睡眠サプリ「マインドガードDX」を飲んでみた

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ

同じカテゴリー「憂鬱やうつ病を治したい」の一覧

無気力でやる気が出ない原因は?何もかもどうでも良くなる理由

無気力でやる気が出ない状態が続くとかなりつらいですよね。しないといけないことは山ほどあるのに何もかもがどうでも […]

記事の続きを読む

プレッシャーに弱いのは病気?克服するための方法8選

とにかくプレッシャーに弱いということで悩んでいる方は結構多いですよね。 普段とくにプレッシャーを感じたりしない […]

記事の続きを読む

入眠障害はうつ病の症状?原因と正しい治療法とは

ベッドに入って寝ようとしても全然寝れないまま時間ばかりがすぎてしまう・・・そんな寝つきが悪いという症状は入眠障 […]

記事の続きを読む

考えがまとまらないのはうつの症状?更年期にありがちな症状の対策

考えがまとまらない状態がずっと続いてしまうのはうつの症状の一つです。 特に更年期の時期に入ってきた女性は色々と […]

記事の続きを読む

パニック障害に本当に効果のあるサプリはあるの?

  パニック障害になると本当に辛くて辛くて仕方ないですよね。 特に子どもがいるお母さんなどがパニック […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    Copyright© 2017 不眠症改善!サプリの口コミとランキング

    ページトップ