連続睡眠できない原因は?ぐっすり長時間睡眠をする秘訣

91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_s

睡眠にまつわる悩みを抱えている人は最近は特に増えている傾向にあり、睡眠に関して何らかの悩みを持っている人も非常に多くなっています。

色々と睡眠の悩みにもパターンがあるわけですが、その中の一つに「連続睡眠できない」というものがあります。

連続で睡眠できないということは夜に布団に入って眠ることはできたとしても、朝まで連続して眠れなくて何度も起きたり寝たりを繰り返してしまうといったような状態になります。

結局こうなると何もできずに寝たり起きたりで時間ばかりムダにロスしてしまうことになりますし、時間をムダにするわりには疲れも取れにくいなど何一ついいことがありません。

10時間の間に寝たり起きたりを繰り返してダラダラしてしまうよりも、6時間ぐっすり眠った方が時間は少ないのに疲れも取れやすくなるのでどうせならしっかり安定して熟睡できるようになりたいところではないでしょうか。

今回はなぜ連続睡眠できなのかという原因と、ぐっすりと長時間睡眠できるようになるための方法についてまとめていこうと思います。

連続睡眠できない原因とは?

それではなぜ連続で睡眠できないのか。普通に長時間起きることなくぐっすり眠れる人と何が違っているのか確認していきます。

眠りが浅い

深い眠りにつけない人は眠っていてもちょっとした刺激や騒音、風などですぐに目が冷めてしまうようになります。

眠りが浅いのはなぜか?というとここには更に色々と理由が分かれてきます。

ストレスが大きすぎる

日頃感じているストレスが大きすぎるとそれが原因となって深い睡眠をとるのが難しくなってくることがあります。

睡眠自体が本来は日頃のストレスを解消する役割のある行動なのですが、ストレスが大きすぎると睡眠も中途半端になってしまうのでストレスが溜まったままになりがちです。

そのため結果的に悪循環になって連続睡眠できなくなる原因になってしまいます。

冷え性である

代謝が悪かったり血流が悪い人は冷え性になりやすいのですが、冷え性になっていると睡眠に入っても体温が変わらずに低いままになってしまうのでこれもまた睡眠が浅くなる要因になります。

通常は起きているときはある程度体温が高くて、睡眠に入った時に体温が下がることが深い睡眠を促すといった流れになっているのですが冷え性だとこの流れが上手く行かなくなります。

本来は冷え性を直すところから対策をするべきですが、一時的な対処方法としては寝る前に温かいお風呂に浸かって体を温めてそれから就寝するようにしていく方法などもあります。

加齢の影響を受けている

加齢によって睡眠が浅くなって連続睡眠が難しくなることは往々にしてあります。

高齢者の方が物凄い早い時間に目覚めてしまうことがよくあることからも誰しもが起こりうることであるということがわかりますよね。

加齢によってまず体力が低下していきます。寝るにも体力が必要なので体力の衰えは連続睡眠を阻害します。

また加齢によって体内ホルモンが減ってきたり体内時計が狂ってくるといった影響からも連続して長時間しっかりと熟睡することが難しくなってきます。

ぐっすり長時間睡眠できるようになる秘訣とは

それでは色々と連続睡眠ができない状態になってしまうのには原因があるわけですが、ぐっすりと朝になるまで気持ちよく熟睡するためにはどうすればいいのでしょうか。

寝る1時間前にお風呂に入る

ff1c8f34b27c02341133357644a86543_s

先程も体温が低いことや冷え性が睡眠の質を下げるというお話をしたように、そこを改善していくためにお風呂の中の湯船にしっかりと30分くらい入って体温を上げてから寝るようにするということが有効です。

シャワーだけでお風呂からでてしまう人も多いですが、それでは体の芯から温まらないことから効果は期待できないので注意しましょう。

朝日をしっかり浴びる

6990d4d2f0a821bacb58ebd2290e041b_s

朝にあまり外にでない人もいると思いますが、朝に一度外に出て朝日を浴びるということを習慣づけるようにしていくことで体内時計の乱れをある程度リセットしていくことができるようになります。

実際の時間と体内時計に差が出れば出るほど睡眠が浅くなりがちなので意識的に朝には軽くでいいので外に出てみたり家の周りをぐるっと一周してみるなどを試してみるといいです。

睡眠サプリも効果あり

_1040576_2

少し裏ワザ的な方法なのですが、浅い睡眠の対策をすることができる有効成分が入った睡眠サプリメントなどがあるのでそういったものを使用して意図的に深い睡眠を実現していくという方法もあります。

あくまでもサプリメントなので薬などのように無理やり眠りにつかせるという効果はありませんが、体と精神をリラックスさせながら朝まで熟睡できるようにしていくことができる栄養素などがたくさん含まれています。

私が愛用しているのはグッドナイト27000という睡眠サプリなどで、これを3粒程度寝る前に飲むだけで一度も途中で起きたりセずに朝起きるべき時間まで気持ちよく眠れるようになりました。

この記事のまとめ

今回は連続睡眠できないという一種の睡眠障害とも言える状態になってしまう原因と、その対策方法についてまとめてきました。

やるべきことをしっかりやって対策をしていけば浅い睡眠ですぐに目覚めてしまうような問題を解決していくことは十分に可能です。

時には睡眠サプリなども上手く取り入れながら賢く対策していけば、今までの睡眠トラブルに悩まされていた時間を大幅にカットして悩みを解消していくこともできるようになるはずです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ