お酒といびきと頻尿の関係性

お酒を飲むと頻尿になります。しかし寝ている間は尿な作られないホルモンが分泌されて夜間に尿意で起きにくいような身体の仕組みになっています。…では寝る前にお酒を飲んで寝たらどうなるのでしょうか?

また、飲み会から帰ってきたお父さんっていつもよりいびきがうるさくないでしょうか?
54c19f89baed0f98adf56af6998aa3cb_s
今回は管理人がお酒頻尿いびきの関係性について解説していきたいと思います。

お酒を飲むことが招く頻尿による中途覚醒とお酒を飲むといびきが大きくなる原因

お酒を飲むと頻尿になる方は多いと思いますが夜寝ている間もそうなんです。お酒を飲んで寝て夜中にトイレに起きる…そうすると睡眠のリズムのタイミングのよくないところで尿意で起きるため睡眠の質が悪くなってしまいます

しかし寝ている間は尿が作られないようにできているのですが、なぜなんでしょうか。

お酒を飲むということは「水分をたくさん摂ってその水分を出すためにトイレへ行くのは自然なこと」という理屈以外にトイレが近くなる要因があるために、夜寝ている間には作ることが抑えられている尿が作られる原因があります。

ふつう眠っている間には尿が作られないようにするためのホルモンが分泌されますが、アルコールはこのホルモンの働きを邪魔してしまうため、お酒を飲んで寝た夜は眠っているうちにまでだんだんおしっこが溜まります。

寝付いてから3時間は眠りが深いためあまり起きにくいですが、寝付いてから3時間以降になるとアルコールを摂ったせいで眠りが浅くなってくるので、尿意で目が覚めて睡眠が断たれてしまうのです。

またお酒を飲むとだんだんろれつが回らなくなってくることからもわかるように、アルコールは舌の筋肉を少し麻痺させるので仰向けで眠ったときに舌がのどに落ちていきやすくなります。

さらにアルコールを摂ると鼻が詰まりやすくなるためこれらが合わさって、鼻からのどにかけての空気の通り道が狭くなってイビキをかきやすくなります。

イビキをかいている時は身体に酸素を十分に取り込めないので、睡眠が浅くなるため尿意以外でもこのような要因でも中途覚醒が増えるため熟睡感が減ってしまいます。

睡眠を妨げにくいお酒の飲み方

寝付いてからの3時間はアルコールが入っていた方が眠りは深いですがそれ以降は眠りが浅くなってしまうためあまり遅い時間まで飲まない方が睡眠の全体像でみればよく眠れます。

お酒は分解に時間がかかるため食事と一緒で寝る前3時間前までの適度な量の摂取がおすすめです。

アルコールにはストレスを解消して気分をリラックスさせる効果がありますが、寝る3時間前だけは避けて例えば帰宅してすぐにごはんと共に飲むなどにした方がよいでしょう。

寝つく時にアルコールの血中濃度がゼロであることを目指しましょう。それであれば少なくともアルコールにより寝付いてから3時間以降の眠りが浅くなるだとか尿意で目が覚めるなどの悪影響は防げます。

そのためには体重50kgの健康な成人の場合に眠る3時間前までに飲み終わるように洋酒ならロックで1杯、日本酒なら1合まで、ビールなら700mlまで、ワインならグラス2杯くらいまでにするとよいでしょう。

また肝臓が疲弊して身体の疲れを溜めてしまわないためにも2日飲んだら1日休むことを心がけると健康でいつまでもお酒を楽しむことができるでしょう。

寝つきや睡眠の質や疲労の蓄積やストレスの蓄積が気になっている方におすすめな休息サプリメントはこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ