うつ病や不眠症改善に最も効果的なセロトニンを増やす方法

不眠症やうつ病になる原因はストレスだとか生活の夜型化だとか食の欧米化だとかいろいろ言われてますが、結局はストレスや生活の夜型化や食の欧米化などで「セロトニンが不足するから不眠症うつ病になるのです。
49a63c0876cbcb3f05d2b288cd4f588a_s
今回はうつ病不眠症改善に効果的な「自分のセロトニン増やす方法をまとめていきたいと思います。

そもそもセロトニンってなに?

セロトニンは簡単にいうと「幸せホルモン」とも呼ばれる「人が幸せを感じるのに必要なホルモン」です。これが不足するとうつ病や不眠症になるだけなので、これを増やすだけでそれらが改善する場合が多いです。

そんなセロトニン・・・実は睡眠に大きく関わっているのです!

そもそもセロトニンについてもう少し説明すると三大神経伝達物質の一つで、よい感情を起こすホルモンです。

セロトニンは感情に関する神経伝達物質なので人の精神面に大きな影響をおよぼします。幸福感や精神の安定や心の安らぎなどにも関係することから「幸せホルモン」と呼ばれているのです。

セロトニンが不足すると不眠症やうつ病などの精神疾患にかかる理由は単にセロトニン不足から幸福感が減るからではなく、実はセロトニンは睡眠ホルモンのメラトニンの合成に必要な物質だからです。

セロトニンが不足することでメラトニンも不足しやすくなりますのでその結果、寝付きが悪い・よく眠れない・夜中に目が覚める・眠りが浅いなどの睡眠に関する問題が起こりやすくなります。

また睡眠中には成長ホルモンが分泌されて細胞の修復が行われていますがメラトニンが不足すると成長ホルモンが分泌されにくくなり、寝ても眠い・寝ても疲れが取れない・昼間だるいし・睡眠の質が落ちるなど睡眠によって疲労回復や細胞修復する機能が落ちてしまうことで、免疫力の低下・シミやシワやたるみなどの肌の老化・代謝が落ちることによる肥満などの様々な悪影響が出てきます。

セロトニンの材料

セロトニンはアミノ酸の「トリプトファン」から作られることがわかっています。

トリプトファンは体内で合成することのできない必須アミノ酸のひとつで食物しか補うことができません。不足すると精神の安定や、睡眠に悪影響がでますので毎日の摂取をおすすめします。

しっかり栄養バランスよく食べているつもりでも「トリプトファンを意識して食べていますか?」と聞かれると「はい」と即答できる方はとっても少ないと思います。

もしかしたらタンパク質か摂れていても特定の栄養素「トリプトファン」が摂れていないなんてこともあるかもしれません。また、トリプトファンからセロトニンを作るにはビタミンも必要です。

トリプトファンを意識して摂っているけど眠れない方はもしかしたらビタミン不足のせいかもしれません。ビタミンB12は「神経のビタミン」とも呼ばれていて脳に働きかけて自律神経の安定を保つ役割をします。

そのためセロトニンの材料になるだけではなく睡眠中のレム睡眠とノンレム睡眠のリズムを安定させることで不眠症の改善に効果があるといわれています。

ビタミンB12は魚・貝・肉・海藻などに豊富の含まれている栄養素です。これらを毎日十分な量食べることをおすすめしますが、けっこう高いですし大変ですので場合によってはサプリメントの方が便利かもしれません。

トリプトファンやビタミンB群がバランスよく含まれているサプリメントの体験談はこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ