MENU
不眠症改善!サプリの口コミとランキング TOP  >  睡眠薬の副作用の悩み  >  睡眠薬で眠ると起きた時に体がだるいのはなぜ?

睡眠薬で眠ると起きた時に体がだるいのはなぜ?

睡眠薬を飲むと眠れるかもしれませんが、起きた時に体がだるいという状態になったことはありませんか?

朝から体がだるいと疲れも全然抜けた気がしないですし、起きて体を動かすことすら辛いところがありますよね。

起きた時に体がだるいから・・・といって睡眠薬を飲まないと今度は寝つきが悪すぎて結局疲れを取ることができないような状態になってしまいます。

不眠姫
ここではなぜ睡眠薬を使って眠っても体がだるいし疲れが残るのかその原因についてお話していこうと思います。

 

睡眠薬を飲んで寝ても体がだるいのが抜けない理由

まず睡眠薬で眠りにつく仕組みについてなのですが、多くの睡眠薬は風邪薬の副作用で眠くなるという仕組みを逆に利用したものとなっています。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬に該当するものは基本的に入眠させるために風邪薬の副作用を利用しているものとなります。

風邪薬を飲んだ時に眠くなると、体も結構だるくなりますよね。

薬の副作用を利用して眠気を出している以上はどうしても体に負担がかかってしまうことになりますし、寝て起きても体の疲労感などが完全に抜けたりしないので起床時も怠さが残ってしまいます。

薬で眠るということは半強制的に眠ることになるので、脳までしっかり休まるとは限りません。脳や体の器官は起きたまま気を失っているというイメージに近いかもしれません。

当然脳が休まっていないなら何時間気を失っていても疲れがとれることはありません。

睡眠薬で無理に寝るのはあまり意味がない

朝に起きて仕事にいかないとならない・・・という状況だとどうしても夜の決まった時間に眠らないと厳しいと頃があると思います。

ただ、本当は全然眠くないし眠れそうにない状態なのに、睡眠薬の力を借りて無理やり眠っても結局脳が休まらないと疲れが完全にはとれていないのであまり意味がありません。

不眠姫
自然と眠くなった時に寝るのが本来は一番なので、気持ち的にまだ眠りたいと思わないのに無理して眠るようなことはできるだけ避けていくべきです。

 

単純に寝具が合ってないという可能性も

睡眠薬を飲んでいるかどうかはまた別として、寝具が合っていないことも起床時に体がだるいと感じてしまう原因の一つになってきます。

あまりこだわりがなくてとりあえず安さだけで選んだような硬いマットレスを使っていたりする人も多いと思います。

安いのは確かにうれしいかもしれませんが、マットレスが硬くて体に合っていないことで睡眠の質が低下したり、寝ているときの体力回復に支障をきたしているならそれは問題です。

不眠姫
どこどこの店で安売りしてた・・・といった理由で購入しているマットレスはだいたい本当にいいものではないことが多いので睡眠薬を飲むにしてもマットレスくらいはある程度いいものにしておくのが理想的です。

 

>>睡眠を快適にすると話題の高反発マットレス

睡眠薬を飲んで体がだるいという現状を回避するには?

それでは睡眠薬を飲んで寝ているけれど起きたときに体がだるい状況が続いているという場合、どうやって現状を回避していくのがベストなのでしょうか。

睡眠薬の種類を変えてみる

現在使っている睡眠薬が体質に合っていないというケースもあります。ベンゾジアゼピン系睡眠薬などを使っている場合は「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」に切り替えてみるのは一つの手段として検討してみる価値は十分にあります。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のほうがベンゾジアゼピン系睡眠薬よりは副作用などんもリスクも少ないということなので、症状がまだ軽度の場合はこのほうが体のだるさなども少なくて済む場合は確かにあります。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は睡眠薬としての効果がやや弱いので、効き目が薄くなるかもしれませんが、その分リスクは減らすことができます。

枕やマットレスを変える

枕やマットレスなどを新調してみてとにかく体の負担を少なくして快適に眠れるものに変えてみるのもいいですね。

値段が高くて低反発だし!と購入した枕が以外と首や頭に合わずにネックになっているということもあります。高いお金を出して購入したのに安いものに変えるというのは抵抗があるので枕のせいにしたくない思いもあるから難しいところですよね。

枕を選ぶなら低反発よりも自然な寝返りをサポートしてくれる高反発枕がおすすめです。寝ている間の首や肩への負担を分散できるのだるさをかなり軽減できます。

不眠姫
マットレスも同様で高反発マットレスに変えるだけで睡眠の質がだいぶ変わってきます。

 

>>高反発枕の詳細はこちら

睡眠薬から睡眠サプリへ切り替える

睡眠薬で眠っていることが起きたときに体がだるい原因の一つであることは間違いないので、睡眠薬で眠ることをまず辞めてしまって代わりに睡眠サプリを使うようにするのも有効です。

睡眠薬のように強制的に眠らせるのとは違い、睡眠サプリはあくまでも脳やカラダの緊張状態をほぐしてリラックスさせることによって自然な眠りを誘発するものです。

配合される成分によってその効果の度合いはことなりますが、睡眠サプリである以上は睡眠を強制するものではないので眠れたらしっかりと脳も体も休めることができるようになります。

デメリットとしては強制ではないので睡眠薬ほど強い眠気によって睡眠へ促す力がないという点です。1回飲んですぐに効果が発揮されるというよりは継続して飲み続けることによって効果が表れるものなので、そこを理解して飲むようにするのがポイントになってきます。

この記事のまとめ

今回は睡眠薬で体がだるい状態になってしまう原因や対処法をまとめてきました。

睡眠薬を毎日のように服用して眠っているという時点で精神的にかなり追い詰められたような状態になっているのではないかと思います。

眠れないよりは睡眠薬を使ってでも眠ったほうがいいと思うのは普通のことですが、それで疲れが取れないし体がだるい状態になっていると本末転倒です。

不眠姫
今回まとめてきた対処法を少しでも参考にしていただいて、自分でも実践できそうと感じたものからぜひ取り入れていただければ嬉しく思います。

 

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>【本当に効く】睡眠サプリ10種類を徹底検証

>>最も即効性がある睡眠サプリ「マインドガードDX」を飲んでみた

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ

同じカテゴリー「睡眠薬の副作用の悩み」の一覧

睡眠薬で眠ると起きた時に体がだるいのはなぜ?

睡眠薬を飲むと眠れるかもしれませんが、起きた時に体がだるいという状態になったことはありませんか? 朝から体がだ […]

記事の続きを読む

夜勤で眠れない日が続いて辛い!睡眠薬に頼ってはいけない理由

夜勤の仕事をしていると睡眠のリズムが乱されて眠れないようになってしまう人が多いです。 今日も夜勤だから寝ておき […]

記事の続きを読む

快眠サプリを飲んだら副作用で頭痛が酷い!成分から理由を検証

最近疲れ気味で朝起きるのが本気で辛くなってきたということもあって、オリヒロの快眠サプリを注文して飲んでみたので […]

記事の続きを読む

デパスは副作用と依存症が酷い!飲みたくない人はどうすれば?

心の安定薬として処方されることがあるデパスですが、副作用や依存症によって苦しんでいる人もたくさんいます。 不安 […]

記事の続きを読む

アメリカ産の睡眠薬は危険!?安全な日本の睡眠サプリを使うべき理由

睡眠に関する悩みを持っていて、どうしても寝付きが悪いのが気になっているといった理由からアメリカ産の睡眠薬などを […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    Copyright© 2017 不眠症改善!サプリの口コミとランキング

    ページトップ