食べると眠くなるのに寝る前に食べると睡眠の質が悪くなる理由

食べると眠くなりますよね?では眠れない時は満腹になればよいのでしょうか?
18dd632569f52a706696d829b4b08df1_s
寝る前に食べる方がよく眠れるのか、それとも寝る前は食べない方がよいのか解説していきたいと思います。

寝る前に食べると睡眠の質が悪くなる

寝る時に胃の中にたくさん食べ物が残ったままだと、たとえ満腹で眠くなって寝つくことはできたとしても眠りが浅くなり「睡眠の質悪くなる」ということが起こります。

なぜかというと寝る前に食事をして胃の中にまだたくさん食べ物が残っていると寝ている間に胃の消化活動がとても活発になり、そうなると寝ていても本来できるはずの疲労の回復や細胞の修復ができなくなってしまうからです。

これが満腹で眠くなって気持ちよく眠りについた時に「たくさん眠ったはずなのに疲れがとれてないなぁ。むしろ寝る前より身体がだるい」という現象が起こる原因です。

食べた食事は通常のものだと3時間くらい、揚げ物や焼肉だと5時間くらいで消化されます。完全に食べ物が消化されるまで待たなくてもよいですが少なくとも寝る時間の3時間前には食事を終わっているとよいです。

そうすると身体は疲労の回復や細胞の修復に集中することができますので、質のよい睡眠に繋がります

では空腹で眠れない時は・・・

短距離選手やマラソンランナーが競技前の栄養補給にバナナを食べているのを見たことがありませんか?バナナは消化がよいため体内でのエネルギー変換が速いのでスポーツ選手はよくバナナを食べています。

空腹で眠れなくて寝る前に食べるならお腹にいつまでも残らないバナナがおすすめです。

バナナには興奮を抑える作用があるマグネシウムの他に体内で睡眠ホルモンを作るのに必要なトリプトファン・ビタミンB群・ミネラルも含まれていますのでなんと眠りにつくのを助けてくれます

睡眠に悩みを持っている方はぜひバナナをきらさないようにしてみてください。

睡眠ホルモンを作るのに必要なトリプトファン・ビタミンB群・ミネラルも含まれているサプリ

寝る前のバナナで眠れなかった方には、不眠姫が愛用している体内で睡眠ホルモンを作るのに必要なトリプトファン・ビタミンB群・ミネラルがバランスよく含まれているサプリメントをおすすめします。

そのサプリメントには沖縄で昔も今も使われている天然の植物「やすみ草」や南アジアで古来より親しまれてきた「休息ハーブ」も入っていて、自然の力であなたの眠る力をサポートしてくれます。

眠れないイライラや不安にも強くなれるようGABAも配合されています。

植物由来の休息成分だから副作用のないマインドガードDXの体験談はこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ