リポスミンの効果を徹底レビュー!安心して使えるか成分から検証

(PR)安心して使える睡眠サポートサプリ「グッドナイト27000」とは?

DSC00418_2

ドラッグストアや薬局などで気軽に誰でも購入することができる睡眠薬の一つにリポスミンというものがあります。

皇漢堂製薬が販売しているいわゆる睡眠改善薬というものになっており、なかなか寝付けないとか、睡眠が浅くてすぐに目覚めるといった眠りにまつわる諸症状を改善するために効果が期待される医薬品となっています。

ただこのリポスミンというものはサプリメントではなく第2類医薬品なので、それなりに注意点も多くなっています。それに睡眠改善薬という薬なのに睡眠サポートサプリメントよりも効果が薄かったりすると全く使う価値はないということになりかねません。

今回は実際にリポスミンを購入してみたので、成分なども詳しくチェックして全に使っていくことができる睡眠改善薬なのか使いながら検証レビューしていこうと思います。

睡眠薬は怖くて飲みたくないという方はマインドガードDXのような安心して飲めるハーブドリンクを飲むという選択肢もあります。リポスミンが気になってはいるけれど、副作用などが怖いし・・・という方については薬に頼らなくても睡眠状況を改善できるのでチェックしてみるといいでしょう。

>>マインドガードDXの効果と使ってみた体験談を見てみる

リポスミンの主要成分をチェック

DSC00419_2

まずはリポスミンに配合されている成分について確認していきましょう。

写真にもあるようにリポスミンの主成分となっているのはジフェンヒドラミン塩酸塩という成分になります。この成分はかゆみ止めやアレルギー症状の緩和、さらにはは鼻炎や皮膚炎などの症状を和らげる効果がある抗ヒスタミン剤となります。

そのためアトピー性皮膚炎の患者さんが病院に行った時に処方される飲み薬や外用薬などに含まれることもある成分となります。

なぜそのような痒みなどの症状を抑える効果のある成分が睡眠改善薬であるリポスミンに含まれるのかというと、副作用として眠気がでてくる成分でもあるからです。

つまり、リポスミンによって睡眠状況を改善するという効果はジフェンヒドラミン塩酸塩の本来持っている主要な効果の副作用として眠気が出てくる作用を利用しているに過ぎないということです。

ちなみに睡眠改善薬はリポスミン以外にもドリエルなどの有名な薬がありますが、それらは基本的にすべてジフェンヒドラミン塩酸塩を主成分として使われています。

ジフェンヒドラミン塩酸塩は安全か?副作用の可能性について

そもそもの睡眠改善効果自体が風邪や皮膚炎などを治すための成分の副作用を利用したものであるということなので何だか使う前からすでに微妙な空気が漂っていますが、それ以外に何か予期せぬ副作用などの心配はないのかどうかも確認していきます。

残念ながらジフェンヒドラミン塩酸塩については眠気という副作用意外にも日常生活にある程度の支障をきたしてしまう恐れのある副作用が出てくる場合があると言われています。

特に問題なのは飲んだ直後にめまいのような症状が出ることがあるという点と、翌朝の激しい頭痛目覚めの悪さです。

確かにジフェンヒドラミン塩酸塩には眠気を誘う効果はあるので、翌朝まで起きずに眠ることができるようになりますが、飲んだ後の不快な体調不良が見られるのは気になるところです。

起きて体調が優れないまま会社などに行っても、午後になるまでは頭が冴えずにボーッとしてしまう時間が増えてしまうケースもあるようです。

ちょっとこのような影響がでてくるとなるといくら眠れる事ができたとしても安心して快適に使い続けるのは難しいところがありますね。

実際にリポスミンを飲んで感じた効果と本音の口コミ

DSC00420_2

ここまでリポスミンの成分などについて色々と検証をしてきましたが、ここから実際に私がリポスミンを飲んで感じた効果などについても本音でお伝えしていきます。

まず私の場合は元重度の不眠症で、現在も睡眠状況は芳しくない状況が続いており、布団に入っても睡眠に入るまでに1時間から2時間程度は当たり前のようにかかってしまう状態でした。

リポスミンの効能を利用することで、寝つきがよくなるということなのである程度は現状の睡眠トラブルが改善されればいいなと期待を込めて飲んでみました。

さすが医薬品ということで、寝つきは確かに良くなった印象は受けました。ただ事前に調べたいた通りリポスミンの配合成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩による副作用の影響を目の当たりにすることになりました。

DSC00423_2

まず確かに一度眠ったら朝まで途中で目覚めることはなく起きることができたのですが、 起きた後の頭の重さが半端ではなくて起きるのが非常に辛かったです。

まるで風邪でも引いて熱が出ているような感じの頭重感と体の怠さが午前中いっぱいは続くようなイメージですね。

確かに布団の中に入って眠れない時間は減らすことができそうですが、結局起きていて快適に過ごせる時間の長さでいうと逆に短くなっているのではないか?と感じました。

もちろんこれは私が実際に使っていくなかで感じた効果なので、人によってはリポスミンで快適に眠れる人もいるはずです。

結局のところはジフェンヒドラミン塩酸塩が体質にあっているかどうかというところが感じる効果に影響しているからです。

ただ、私は少なくともリピートして購入することはもうないな・・・というのが正直なところです。

結論:やはり睡眠サプリが安全で快適だった

DSC00425_2

今回は睡眠改善薬のリポスミンを実際に使いながら成分の検証、使って感じた効果の口コミなどをまとめてお伝えしてきました。

少なくとも私が使ってみる中では、眠る事はできても体調不良が気になるという結果になってしまったので継続して使うことはないという結論にいたりました。

私が愛用している睡眠サポートサプリメントのグッドナイト27000などは快適な睡眠を補助してくれる栄養素がたくさん入っており、不快な副作用などの影響もないので快適な睡眠を確保したいならやはりサプリの方がいいと改めて感じる結果に落ち着きました。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ