薬局の市販の睡眠薬って実際どうなの?グ・スリーPの効果と副作用

「グ・スリーP」は薬局で手軽に買うことができて一時的な不眠の症状に効くことで人気のある市販の睡眠改善薬です。
f710f26936b4dc772c51d2c8b55da61d_s今回は不眠姫が市販されていて薬局で買うことができる睡眠薬であるグ・スリーP効果副作用について解説していきたいと思います。

グ・スリーPの効果

グ・スリーPは脳が興奮状態にあって交感神経が優位になり、なかなか寝付くことが出来ない・眠りが浅いなどの一時的な不眠症の緩和に効果的な睡眠改善薬とされています。

第一三共ヘルスケアから販売されている市販薬で、価格は6錠で2000円ちょっとと、同様の市販薬と比較すると少し高いですがけっこう人気があるお薬です。

グ・スリーPを服用して効果が期待できる「一時的な不眠症」とは具体的には以下の通りです。

  • 「遠足の前の日で眠れない」
  • 「車中泊しなくてはならない」
  • 「キャンプや旅行で枕が変わるから」
  • 「修学旅行でみんないるから眠れないだろうから」
  • 「次の日に朝早くから大切な用事があって絶対に寝坊できないから早く寝たい」
  • 「次の日に緊張することが控えていて目が冴えてしまってなかなか寝付くことができない」

このような短気使用を目的とした症状のことを指し、そのような場合にグ・スリーPの主成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩が脳内の興奮作用ヒスタミンの働きを抑制して眠くなるように働くというものです。

このジフェンヒドラミン塩酸塩には「副作用としての睡眠作用が」あり、もともとはジフェンヒドラミン塩酸塩の主作用としてはアレルギー性鼻炎などを抑制する抗ヒスタミン剤として使用されています。

このように副作用で眠くなるのはよく風邪薬に「副作用で眠くなることがあるので車の運転をしないで下さい」と書いているように、風邪薬などを服用して眠くなる症状と同じような効果です。

しかし市販の睡眠改善薬は眠くなる作用が主作用でないためあまり強くなく、耐性もすぐについて同じ薬ではすぐに眠くならなくなるため、「短期の」「軽い」不眠症状にしか効果はないので注意が必要です。

薬局で売っていて手軽に手に入るので病院に行く時間がない方やめんどくさいという方も服用することができますが、効果に関しては個人差があり、全く効果を感じることができないという方も少なくないようです。

あくまでも睡眠改善薬になりますので病院で処方される睡眠薬のような、脳の中枢神経に働いて眠気を誘うような効果は期待できません。でもサプリメントではなく薬品なので、眠くなる作用は弱いとはいえ副作用があります。

グ・スリーPの副作用

現在の時点で報告されているグ・スリーP副作用としては以下の症状があります。

  • 頭痛、めまい、頭重感、昼間の眠気
  • 気分不快、神経過敏、一時的な意識障害(注意力の低下、ねぼけ様症状、判断力の低下、言動の異常)
  • 胃痛、吐き気、嘔吐、食欲不振
  • 発疹、発赤、かゆみ
  • 動悸、倦怠感

このような症状を自覚した場合は、速やかに服用を中止して医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

用法・用量は寝つきが悪い時や眠りが浅い時に就寝する前に1回1錠です。

市販されているので薬局で手に入りお手軽な睡眠薬ですが15歳以上の大人のみ服用が可能となっており、妊婦または妊娠している可能性がある方や15歳未満の方は服用できません。

薬品でないため副作用の心配がなく15歳以下のお子様や妊婦さんや授乳中の方にも安心して長期の使用をしていただくことができるおすすめの休息サプリメントはこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ