赤ちゃんが泣いて寝ない!乳児が寝ない時の対策

おむつも濡れていなくてミルクもさっきあげていて体調も悪くなさそうで泣いている理由がわからないけど赤ちゃん泣いて寝ない時ってありますよね。

cd188b49bab30a8baa304662012e669c_s

今回は不眠姫が乳児寝ない時などこちらがイライラしないで赤ちゃんも泣き止む対策についてまとめていきたいと思います。

スキンシップとセロトニン

赤ちゃん泣いて寝ないはイライラしたり怒ったりしないで親の方からスキンシップを取るようにしてあげるとよいです。

スキンシップは心身の安定や心の安らぎを与えるセロトニンというホルモンを分泌してくれるものです。

セロトニンとは脳内の神経伝達物質の1つで精神の安定や安らぎをもたらしてくれる物質で別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、スキンシップ不足で子供のセロトニンが足りなくなると・・・

スキンシップ不足で子供のセロトニンが足りなくなるとなりやすい状態

  • 気持ちが不安定になる
  • イライラしやすくなる
  • 不安になる
  • 少しの辛いことにも耐えられなくなる
  • 寝つきが悪くなる
  • 睡眠の質が悪くなる

などイライラして情緒が不安定になり赤ちゃんが泣きやすい状態を生んでしまうことがあります。最近赤ちゃんが泣きやすいな、イライラしやすくなっているなと感じている時はスキンシップを大切にすることで解消できるかもしれません。

欧米人とは違い日本人にはスキンシップの習慣がある人が少ないので意識してやってみるようにするとよいでしょう。おむつも濡れていなくてミルクもさっきあげていて体調も悪くなさそうで泣いている理由がわからない時は、赤ちゃんが原因不明で泣いていて<泣き止まない時は優しく抱きしめてトントンと同じリズムでたたいてあげるとたいていは安心して泣きやみます。

乳児が泣いて寝ない時は不安を感じているのかもしれません。

イギリスの精神分析医ルネ・スピッツはある実験の結果によると「母親からの一切のスキンシップがない状態で育てられた子供は、完璧な栄養状態であっても数年以内に死亡もしくは重度の障害・病気になってしまう」そうです。

それほど子供の成長過程で母親によるスキンシップは大事なものです

小さい頃は母親でなくてはいけなくても途中からは父親でも大丈夫なのかもしれませんね。

こちらのイライラを抑えるのにも役立ちます

大人になっても、恋人や家族と手を繋いで安心したり赤ちゃんやペットの動物を抱きしめて癒されたりすることがありますよね。スキンシップはセロトニンを出して脳が幸せ状態になるのです。

できるだけスキンシップを取るようにちょっと意識をすることでずっと赤ちゃん泣いて寝ない時でもこちらもイライラしなくなります。

日本人の多くが恥かしがらずに親の方からハグや握手ができるのは子供が小さいうちしかないので積極的にしてみるとよいです。

スキンシップを意識的に取り入れることで子供もこちらもセロトニンが増してイライラしなくなるどころかかえって幸せを感じることができますのでぜひ試してみてくれるとうれしいです。

イライラしてしまうお母さんだけでなく小さい子供にも安心して飲ませられる天然の素材からつくられた幸せホルモンのセロトニンの材料と育ちざかりの子供に必要なビタミンやアミノ酸がバランスよく配合された、泣き止まない赤ちゃんとお母さんにうれしいストレスに強い体質づくりをサポートするサプリメントはこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ