MENU
不眠症改善!サプリの口コミとランキング TOP  >  子供のことで悩んでいる  >  子供が夜寝ない。年齢別の原因と対策

子供が夜寝ない。年齢別の原因と対策

子供なかなか寝ないと悩んでる親が増えていて、うちの上の子も寝つきが悪すぎてかなりひどい入眠障害でした。最近は子供にも睡眠障害が多く見られます。
baf0bbe262078875eaf03bf24659eb3e_s
今回は不眠姫が子供が夜寝ない年齢別の原因と対策についてまとめていきたいと思います。

年齢別の子供の不眠症対策

1歳までの不眠対策

生まれてすぐにはまだ体内時計が出来上がっていないため明るくても暗くても昼でも夜でも関係なく場所も選ばず眠ります。3ヶ月ごろから徐々に大人と同じように一日のリズムや体内時計ができ始めます。

赤ちゃんにも朝に太陽をしっかりと浴びさせて身体に一日のリズムを認識させることで体内時計が形成されやすくなります。この時期は身体が驚くべき速さで成長するのでほぼ1日中寝るのが理想です。

1歳から3歳の不眠対策

大人と同じ「朝起きて夜眠る」という一日の生活リズムを作る大事な時期で、まだまだとても速いスピードで成長する時期なのでたっぷりと睡眠を取ることが必要です。

この時期には寝る時に大量の睡眠ホルモンが分泌され「一生で睡眠ホルモンの分泌が一番多いな時期」なので、子供の成長にとって一番重要な時期であり睡眠時間の長さがとても大切な時期です。

夜は眠る時間・昼は起きている時間という区別をつけさせるためにこの時期の子供には時間の感覚を教えて下さい。夜に遊びやゲームなどの娯楽は避け子供が覚醒しないように配慮します。

あとはベッドの上にいることが多い子は不眠になりやすいので子どもには「ベッドは眠る所」だと教え、昼間や寝る時間より前にベッドにいないようにさせ眠る時間になったら子どもをベッドに寝かせることです。

夜は豆電球も含めて電気を消して、子どもが泣いたら親がすぐ飛んで行って子どもがベッドから出て居間まで歩いてきてその過程で目がさらに覚めてしまうのを防いで下さい。またその際に電気はつけてはいけません。

寝付きをよくするためにお気に入りの肌触りのよいブランケットやお気に入りのぬいぐるみやおもちゃを枕元に置いておくとよいでしょう。

3歳から5歳の不眠対策

保育園や幼稚園に行くために朝7時に起きると考えると、夜は遅くとも21時ぐらいまでには寝かせたいところですが保育園や幼稚園では、昼寝をとるところが多いため昼寝のせいで夜の寝付きが悪くなってしまうことがありますのでその場合には家で夜以外では寝かせないなどの対策が必要です。

また、この時期は寝るまでにすることの習慣づけがとても大切です。この時期に歯磨きを習慣化できなかった子供は虫歯になる率が高くなったり、寝る前に食べる習慣がつくと逆流性食道炎のリスクが高くなったりしますので、お風呂に入って、歯を磨いて、トイレに行って、布団に入るなど正しい習慣をこの時期に作ってあげることが大切です。

この時期は話すことが活発になっているので、親とのおしゃべりで覚醒してしまうことがあります。子供なかなか寝ない場合には絵本の読み聞かせがよいですが子供が興奮する話や恐ろしい話は避けて下さい。

寝る時間になったら子どもに知らせて終わるようにしてください。もっと話してと言われるのを避けるために「9時から9時半は絵本の時間」など時間を明確に決めて子供にもそれを伝えましょう。

6歳から12歳の不眠対策

小学校に入ると現代では塾や習い事などに通う子が多かったり、学校で流行っているテレビドラマや動画を見たりゲームをしたりで夜寝るのが遅くなりがちな時期です。

この時期もまだ身体が大きく成長する時期なので睡眠時間は多く必要で10時間くらいは寝て欲しいものですが、現代の小学生は夜型になりがちで、睡眠が慢性的に不足している傾向にあります。

この時期の睡眠不足は身体の成長の妨げになるだけでなく脳の働きにも影響を与えるため、授業中にどれくらいついていけるかや意欲・記憶力に影響する他、子供の睡眠不足はキレやすくなるなど感情の制御にも影響します

この時期に十分な量の睡眠が取れるようにすることがその後の人格形成に大きく関わります。

この年頃になるとすぐに寝付いてぐっすり眠り起床時刻にはすっきりと目覚める子どもが多くなりますがこの時期に夜型人間になってしまう子もいます。生涯にわたる「早寝早起きの朝方人間になるか夜遅くまで遊ぶ夜型人間になるか」という睡眠習慣が早くも形成されてきます。この頃になると睡眠自体よりは寝る時間が主な問題となることが多いです。

この時期の子供は「早く寝かせること」に尽きますがこの時期の子供はもう親のいうことをあまり聞かないので、子供がなかなか寝ない場合には睡眠に必要な栄養素で早い時間に睡眠ホルモンを作る手助けをするこちらの休息サプリメントがおすすめです。

どの睡眠サプリが良いか迷う方へ

368af1238335081b98c1a416297da8af_s 睡眠サプリには色々な種類がありますので、正直な話自分にはどのサプリがピッタリなのか分からないし迷っちゃう・・・という方もいるのではないでしょうか。 迷ってばかりでは前に進むことができないので、まずは万能に使えて品質の高いものから選ぶようにしていくのがベストではないかと思います。 当サイトの中でも私が実際にこれまでに使ってきた睡眠サプリを徹底的に比較しながらその効果をまとめています。 ただ症状は人によって違うので本当だったらその人の症状に併せて最適な睡眠サプリを選ぶのが一番です。 これまで私が使ってきた結果と、モニターさんが使った口コミなども統計して考えるとキッコーマンが販売しているピースナイトという睡眠サプリが最も効果的であると考えています。 まずその理由はテアニンとGABAが同時配合されたことによって「機能性表示食品」に認定されていることですね。グッスリ眠ってスッキリ起きることでストレスや疲れも緩和していくことができるサプリになっていると今注目を集めています。 私がこれまで実際に使ってみた結果としてもとくに効果が高いと感じられているものの一つなので、睡眠サプリで迷っているという場合はまずピースナイトからはじめてみるのが良いかと思います。 バナー原稿imp▲ピースナイトの公式ページを確認してみる▲

同じカテゴリー「子供のことで悩んでいる」の一覧

赤ちゃんの早朝覚醒で起こされる!イライラする前にできる対処法

あまりにも早起きすぎる赤ちゃんによって普通に朝までぐっすり寝たいのに早い時間帯に起こされるということでイライラ […]

記事の続きを読む

子どもが夜中に起きる原因は?安全に解決するためのポイント

まだ小さい子どもが夜中に起きるので起こされてしまって結局親も眠れない・・・なんて悩みを抱えている方も少なくない […]

記事の続きを読む

子どもが不眠症で眠れない時に親としてすべきこととは?

自分の子どもが不眠症にかかっていて困っているという親が最近増えてきているようです。 というのも学生になってくる […]

記事の続きを読む

受験生の情緒不安定がもたらす悪影響とその対処法

昔から【受験生の前で「落ちる」や「すべる」という言葉を使うな】というように、受験生は情緒が不安定になりやすいで […]

記事の続きを読む

子供が落ち着きがない!対策は?

子供が落ち着きがないと、よその子もそうなのかうちの子だけが変なのか気になりますよね。でもよその子の家での様子な […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    Copyright© 2017 不眠症改善!サプリの口コミとランキング

    ページトップ