MENU
不眠症改善!サプリの口コミとランキング TOP  >  眠りの質をよくする方法  >  短眠は危険性がある?安全に短眠を目指すために必要な条件とは?

短眠は危険性がある?安全に短眠を目指すために必要な条件とは?

28f9f2e92b4a7ed8e6c721f8ddd64ad5_s

日本人は世界的にみても特に忙しく働いている人が多いですし、相対的に時間が足りないと思っている人が多い人種でもあります。

そのためやはり睡眠時間がもったいないなぁ・・・と感じるようになってくる人が多いのではないでしょうか。

何とかして睡眠時間を削って短眠でも普通に生活できるようになりたいと考えている人もたくさんいると思いますし、すでに短眠にも慣れてきていて全く問題なく生活することができるようになったという人もいるのではないでしょうか。

ただ、短眠には思わぬ危険性などもあるのでリスクを知らずに睡眠時間を減らしていると後々予想だにしなかったトラブルなどに襲われてしまう可能性もあります。

短眠にはどんな危険性があるのか

それではもしも1日に眠る時間が3時間とか4時間程度に抑えるような実際に短眠生活を送るようになってくると具体的にどんな危険性があるのでしょうか。

高血圧のリスクが向上する

1651feaacb4c8eb7596e154616551050_s

実はアメリカのペンシルバニア州立大学による研究結果として発表されているのですが、毎日の睡眠時間が6時間に満たない短眠を行っているショートスリーパーは普通に6時間以上眠っている一般の人と比較して高血圧の症状などが発症してしまうリスクが約⒊8倍ほど高くなるという情報がでてきています。

若いうちはまだ少し睡眠時間を削った程度ですぐに高血圧のになってしまうという可能性は少ないものの、年齢が高くなったときに過去に睡眠時間が少なすぎたことが影響して高血圧になるリスクが高くなります。

睡眠と高血圧にはかなり深い関係性があるということはシカゴ大学保険学部などの研究者などの間でも数多くの試験が行われてデータ化されている事実です。

普通の人は眠っている間に血圧が低くなって、起床してから徐々に血圧が上がっていくというサイクルで血圧が変化していくのですが、短眠を実践していると眠っている間に血圧が十分に下がりきらないので起きている間の血圧が通常時よりも高くなりやすい状況になります。

短眠がうつ病の原因になることも

e6fc6ea504c7d5039c2bf21dd5961920_s

最初は意図的に時間の節約のためと思って短眠をしていたのに、あまり長期間に渡って短眠を実践していると脳が眠ることを拒否するようになってきます。

すると脳内の情報の整理などがうまくできなくなってきて、昨日の記憶と今日の記憶などがごちゃ混ぜになって混乱状態になることがあります。

また、短眠によって睡眠時間が不足してくると脳の機能が著しく低下してくるのでありえないような幻聴や幻覚などの症状がでてきてしまって精神が安定しなくなってきます。

その結果としていつの間にか取り替え時がつかないレベルで重度ばうつ病のなどの症状にかかってしまうというケースもよくあります。

短眠が睡眠バランスを崩して急に過眠してしまう

b3819e0d5bff9291e86f6359f67889be_s

何日か短眠をしてもこれといって体調も崩さなかったし、続けられるかも!といったような形で変に寝なくても大丈夫というような自信がついてしまうと後から急激に慢性的な睡眠不足の影響で全く起きられないくらいに過眠してしまうこともあります。

これは何を意味するかというと、もし平日に仕事があるのに全く予定通りの時間に目覚めることができなかったらどうするか?ということです。

会社で責任ある立場だったりすると社内は大混乱ですし、責任がない立場であっても同僚や上司に迷惑をかけて叱責ではすまない大きなペナルティを受けてしまうかもしれませんね。

タイトなスケジュールに追われる生活をしている日本人が下手に短眠をしようとすると、短眠によって浮いたわずかな時間を大幅に超えてしまうくらいに過眠してしまったりする可能性もあるのでこういった意味でも危険と言えます。

無理のある短眠はせず睡眠の質を高めよう

体質によっては短眠に適している人もいるので、無理なく短眠生活を送れる人もいますが、そのような人はあくまでも少数派です。

普通の人が時間を有効に使いたいあのであれば、下手に短眠をするよりもすいみんのしつを向上させて起きている時間の集中力を高めるなどして時間を上手く活用できるようにしていくほうがよほど賢い行動といえます。

また睡眠の質が高くなれば、多少は短い睡眠時間であっても十分に脳を休めることも可能性もになるのでプア短眠のスキルを身につけることもできます。

睡眠の質を高めて安全にプチ短眠をするには?

91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_s

では少ない時間でも十分な休息を取るために睡眠の質を高めようとなったときにどうすればいいのか?というところなのですがこれについては実は非常にシンプルです。

余計な手間を省いて手っ取り早く睡眠の質を高めるためには睡眠の質を高めることに特化した成分が含まれているサプリメントをつかっていけばいいのです。

テアニン、グリシン、カモミール、ラクティウムなどの成分は睡眠の質がを向上させるためには必要不可欠な成分でもあるのでサプリメントを活用してでも積極的に摂取していくといいです。

私が使ってきたサプリメントの中ではグッドナイト27000というサプリメントはこれらの全て高濃度で配合されているのでまさに睡眠の質の向上に特化しているサプリメントとも言えます。

少なくとも就寝30分前にはこういった成分をサプリメントから摂取しておくようにすれば間違いなく睡眠の質を高めることが可能になるので実践してみるといいでしょう。

まとめ

今回は短眠によってさらされる危険性と、そういった危険を回避しつつも可能な限り短眠を実現するために必要な方法にについてお伝えしてきました。

短すぎる睡眠にはどうしてもリスクが伴うので目安としては本来は6時間程度は少なくとも確保しておくのが一番安全です。

6時間でも睡眠の質が高ければ日中は常に脳もスッキリしていて効率よく過ごすことができるので、短眠するよりも時間帯効率は高くなるのは間違いありません。

自分にあった睡眠時間を見つけて、あまり毎日の眠る時間がバラついてしまうことがないようにしていくのが理想的といえます。

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>【本当に効く】睡眠サプリ10種類を徹底検証

>>最も即効性がある睡眠サプリ「マインドガードDX」を飲んでみた

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ

同じカテゴリー「眠りの質をよくする方法」の一覧

セロトニンを増やす方法7選!一番ラクな方法とは?

セロトニンはノルアドレナリンとかドーパミンなどと同様に神経伝達物質として重要な役割をもつ脳内ホルモンのことです […]

記事の続きを読む

昼間眠いのに夜眠くない!?睡眠の乱れを整える対策方法とは

普通に昼間に働いている生活を送っていて昼間は眠いのに夜眠くないというような睡眠状況のバランスが大きく崩れてしま […]

記事の続きを読む

朝シャキッと起きる方法!秘訣は「○○の質」にあった

普通に夜眠ることはできているのに朝起きたときになかなかシャキッとできなくてぐずついてしまう状態になってしまうこ […]

記事の続きを読む

短眠は危険性がある?安全に短眠を目指すために必要な条件とは?

日本人は世界的にみても特に忙しく働いている人が多いですし、相対的に時間が足りないと思っている人が多い人種でもあ […]

記事の続きを読む

短眠でも熟睡できるサプリはある?健康を守りつつ睡眠時間を減らそう

短眠にあこがれを持っているという人も世の中にはたくさんいると思います。 やっぱり無駄にたくさん寝てしまっている […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    Copyright© 2017 不眠症改善!サプリの口コミとランキング

    ページトップ