寝不足な時や疲れが溜まった時に鼻血が出るメカニズム

特に鼻血が出るようなことは何もしてないのに寝不足な時や疲れが溜まった時に鼻血が出てしまった経験はありませんか?
a429e5cfed3efee82b861249bd9fb379_s
今回は不眠姫が寝不足な時や疲れが溜まった時に鼻血が出るメカニズムについて解説して行きたいと思います。

なぜ寝不足な時や疲れが溜まった時に鼻血が出るのか

鼻血が出るようなことは何もしてないのに寝不足な時や疲れが溜まった時に鼻血が出てしまうのはなぜなのでしょうか?ストレス・疲れ・寝不足鼻血の原因となることがあります

ストレス・疲れが身体に溜まるとそれが原因で鼻血を出してしまう場合は、ストレス・疲れから自律神経失調症という病気にかかっている可能性があります。

自律神経失調症になると毛細血管が切れやすくなるため、鼻の中の細かい血管は切れやすいので鼻血が頻繁によく出るようになるのです。

寝不足の場合も身体的ストレスや疲れがたまってしまうので注意が必要です。寝不足の場合は特に朝に突然鼻血を出してしまうことが多いので枕にタオルをかけておくなど十分気をつけてください。

疲れやストレスで特に鼻血が出やすい時

季節の変わり目

一般的に春と冬に鼻血を出すのが多いですが、これは冬になって急に寒くなったり寒い冬から急に暖かくなったりと急激な温度変化があるため鼻の粘膜が温度変化についていけないからです。

また梅雨や台風がよく来る時期などの気圧の変化にも鼻の粘膜がついていけないことがあるため季節の変わり目に鼻血を出してしまうことが多いです。これは、体が気温や湿度の変化についていけていないのも原因のひとつです。

鼻血が出るようなことを特に何もしていなくても、疲れやストレスが溜まっていたり寝不足だと外部の環境の変化だけでも鼻血を出してしまうのです。

春や冬になる前の秋の時期は、花粉症などのアレルギー性の鼻炎で鼻の粘膜が弱っていることで鼻血も起こしやすくなっていることも一因といえるでしょう。

発熱・運動による体温の上昇

発熱や運動による体温の上昇や暑いことなどで体温が上がると急激な温度変化があるため鼻の粘膜が温度変化についていけなくて鼻の毛細血管が切れやすくなってしまいます。

鼻血が出るようなことを特に何もしていなくても、疲れやストレスが溜まっていたり寝不足だと「オフィスの暖房が効きすぎている」「デパートの中が暑い」などでも鼻血を出してしまうのです。

空気の乾燥

冬の暖房をつけるとお部屋の湿度が下がりますが加湿器などで適切に湿度を調節していないと湿度が低くなり、鼻の粘膜が乾燥することで鼻の中の毛細血管が切れやすくなります。

鼻血が出るようなことを特に何もしていなくても、疲れやストレスが溜まっていたり寝不足だと「外気が乾燥している」「オフィスの暖房が効きすぎて空気が乾燥している」などでも鼻血を出してしまうのです。

鼻血が出てしまう時の対策

鼻の粘膜や毛細血管を強くするにはビタミンB群とビタミンCを摂ることと十分な休息を摂ることが必要ですが、ストレスを感じているとストレスに対抗するホルモンの材料がビタミンCでそのホルモンを作るのを補助するのがビタミンB群ですので、寝不足鼻血が出やすいくらい疲れている方は他の人よりもかなり多くのビタミンCやビタミンB群が必要です。

またストレスを感じていると睡眠ホルモンの分泌が妨げられて睡眠の質が落ちるためきちんと寝ても疲れが取れずに「きちんと寝てるのに寝不足」という現象がおこります。

睡眠ホルモンの材料やビタミンCやビタミンB群がバランスよく配合され、さらにストレスに強くなるGABAも配合されたサプリメントはこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ