小さい子供の寝付きが悪いのって不眠症なの?原因と対処法

夜遅くに外で子供を見かける機会が増えています。中学生や高校生はもちろんですが、最近は幼稚園や小学生から塾に通っている子供が少なくありません。幼稚園児の不眠症なども増えています。
7cd6f3d069c0e2c0d4090c779011b417_s
ごく近年のことですが小さい子供不眠で悩んでいる親御さんも増えています。夜に塾で勉強したり塾仲間と遅くまで話したりテレビやスマホのアプリやパソコンのインターネットで遊ぶと、脳が興奮してしまったりして眠れないことがあります。

特に最近の傾向だと小さい子供が電子機器を使う機会が圧倒的に増えていて、子供が夜にテレビ、パソコン、スマホなどに触れることが多く、それらが発する青色波長が体内での自然な睡眠ホルモンの生成を妨げてしまうことが眠れない原因となる場合が多々あります。

成長期の子供は大人とちがい不眠になると成長においての影響も懸念されるので、親としては早く解消してあげたいですよね。今回は子供不眠症の原因と安全な解決策についてお話したいと思います。

小さい子供の不眠症の原因は?

特に注意しなくてはならない子供の不眠につながる夜の習慣

  • ゲームをする
  • スマホのアプリで遊ぶ
  • インターネットをする
  • 大人と一緒に深夜にファミレスやカラオケにでかけたりする
  • カフェインを摂取する

その他の小さい子供の不眠の原因

  • 昼間の幼稚園や習い事などでのストレス
  • 幼稚園のクラス替えなどの昼間の環境の変化
  • 兄弟が増えた、両親が離婚したなどご家庭の環境の変化
  • 親が遅くに帰宅する場合、親と話がしたくて深夜まで起きてしまう

カフェインはコーヒーに含まれることが有名ですが、ココアや紅茶やコーラ、チョコレートなど子供が好きな意外なものにも実はたくさん含まれているので、あまり夜には摂らない方がよいかもしれませんね。

あとは子供の生活時間が夜型にシフトしていることが挙げられます。最近は小学生でも塾に行く子供が増えており、そこから帰宅してお風呂に入ってごはんを食べたら遅い時間になりますよね。

そしてさらに塾の宿題などをして夜遅くに夜食を食べることがあります。胃の消化が終わってないと、寝付きが悪くなったり眠りが浅くなったり寝苦しくなったりすることがわかっています。

注意したいのが最近は子供でも逆流性食道炎という胃痛、喉痛、胸焼けなどを生じる病気にかかることが増えているようです。夜遅くに夜食を食べるような生活を続けると小さい子供でもそういう病気になります。

では子供が睡眠に問題を持っているのかどうかはどうやってわかるのでしょうか。

子供の睡眠障害が疑われる症状と、放置した時の将来考えられる弊害

小さい子供の睡眠障害が疑われる症状

  • 寝つきが悪く、夜中や早朝に目が覚める
  • 寝ていたのに夜中に突然起きて泣いたり叫んだりする
  • 手足のムズムズ感や突っ張り、痛みで寝付けない
  • 夜中によく起きる
  • 夜しっかり眠っているはずなのに昼間も眠くて寝る
  • 寝る時間が遅くなりがちだったり朝が弱い
  • 寝る時間や起きる時間が不規則で、規則正しくできない
  • なんだか落ち着きがなく、情緒も不安定で衝動性がある

小さい子供に以上のような症状がある場合には早く改善した方がよいです。なぜかというと小さい子供の不眠症などの睡眠障害はただ単に子供の睡眠不足を引き起こすだけでなく、他のさまざまな弊害をもたらすからです。

成長期にある子供の睡眠障害を放置するといろんなところで発達への悪影響が心配されますが、弊害はそれだけではありません。睡眠障害を放置していると実は将来小中学生になった時の学校でのトラブルの原因にもなります

子供の不眠症などの睡眠障害を放置しすぎた際に出る将来の弊害

  • 寝不足から注意力が散漫になり体育の時間や部活、登下校での事故や怪我が増える
  • 朝に弱く時間までに起きれなくて遅刻を繰り返し、それが続いた結果ついには不登校になる
  • 先生や友達に注意されたり失敗が多くなったりするために自己肯定感が下がる
  • 睡眠不足から短気になったり気分が沈むなど、情緒不安定になり友人とのトラブルが増える
  • 眠気で授業に居眠りしてしまったり、授業に集中できず授業についていけなくなる

このような子供の将来の弊害を防ぐためにも小さな子供不眠症は早めに改善したほうが子供のためですよね。だからといって大人と同じように睡眠薬のような薬で対処するのも親としては心配ですね。安全な対処法はあるのでしょうか。

副作用のない睡眠サポートサプリ

今回は子供の不眠症の原因や弊害について見てきましたが、やはり今回のような症状が心配だからといって小さい子供に睡眠薬を服用させるのも親としては副作用が心配で躊躇してしまいますし、眠ることができても後から副作用に悩まされることが苦痛になってしまう場合も多くなると思います。

私が実際に睡眠薬に頼らずに子供の不眠を安全に改善できたのは、休息ハーブを使用していることから天然の休息力にとことんこだわって作られている睡眠サポートサプリのマインドガードDXというものを使い始めてからです。

市販の睡眠薬のように強制的に眠らせるといったものとは少し趣旨が違っており、あくまでに健康食品ということで休息習慣をつけて体に馴染ませていくことで自然睡眠を促すものとなっています。そのため、睡眠薬のような副作用が起こってしまうような心配がないというところがメリットと言えます。

もし子供への睡眠薬の副作用などが気になっていて不眠が改善できない・・・と言った悩みを持っているのであれば試してみる価値はあるかと思います。

マインドガードDXの効果と体験談はこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ