MENU

睡眠薬を飲むと寿命が縮む理由

不眠姫の友人に獣医さんをやってから人間のお医者さんになった人がいるのですがその人はこう言います。

長生きしているのは薬をほとんど飲まない人(犬・猫)だ。だから薬は飲むものじゃないし俺は絶対飲みたくない。仕事だから俺は患者さんに薬を出すけどね。でも『飲まなくて大丈夫かもと思ったら服用を辞めてOKです』と言うようにしている」と。
9f166c46518d23eb11ae971531015f3f_s
医者が言う「絶対飲みたくない薬」No.1である睡眠薬を飲むと寿命が縮む理由について解説していきます。

不眠姫がせっかく医療系の大学に6年も行ったのに病院を辞めた理由

不眠姫が医療系の大学に行った理由は「不特定多数の人の命を救いたい」などではなく「医療の知識があれば自分や旦那や子供や親や祖母など自分の周りの大事な人たちの健康を維持できるかもしれない」という思いからでした。

しかし大学に行けば行く程、医療の世界は自分が望んでたものと違うことがわかりました。薬は病気を治すために飲むものですが、副作用があるだけでなく、身体の免疫力を下げて回復を遅らせ寿命を縮めることもあることがわかったからです。

特に寿命を縮める薬のトップはやはり抗がん剤と睡眠薬でした。

不眠姫が見てきた患者さんの中では、たとえば同じ進行度合いの同じ性別の同じ年齢の胃癌の患者さんでも「いいのいいの歳なんだから。薬はいらんから、自然に死ぬわ」と言った患者さんは結局ガンで死なずに老衰で死んだけれど、「先生、助かりたいので薬を出してください」と言った方は抗がん剤の副作用でその辺によくある弱い菌に日和見感染して薬を飲まなかった人よりとても早く死ぬことがたくさんあったからです。

なんのために薬を出すのか…不眠姫がそんな疑問を持っていた時に「一般的に処方される睡眠薬の服用で早死リスクが4倍以上高まる恐れがある」とするアメリカの研究がオンライン医学誌「BMJ Open」に発表されました。

アメリカの研究所の医師が出した睡眠薬を多用すると寿命が縮まるという研究結果

それによると睡眠薬を多用すると寿命が縮まるだけでなく「がん発症リスクが35%増加する可能性」もあるそうです。

これはカリフォルニア州にあるスクリップス研究所の医師のチームが一般的に処方されているベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、バルビツール酸系という日本でもよく使われている睡眠薬および鎮静剤を対象に、米ペンシルベニア州内に住むこれらの処方を受けている平均年齢54歳の成人約1万500人と、いずれの薬も飲んでいない同世代の成人約2万3600人の2年半分の医療記録を比較したものです。

期間中に死亡した人数は両グループとも比較的少なく1000人未満だったが、死亡率には大きな開きがあったといいます。年間18回~132回分の睡眠薬を飲んだ人の死亡率はそうでない人たちの4.6倍、年間18回分未満でも3.5倍以上だったのです。

それぞれの死因は公表されていないために、論文はこの結果について「統計的な関連性が見出されただけで詳しい原因は分からない」と指摘しているが、これらの睡眠薬の服用者がかなり多いことから注意を喚起しています

たしかに詳しい原因を探るにはもう少し死因別に細部化した調査が必要なのはたしかなのですが、睡眠薬を飲むと基礎代謝が落ちて低体温になりやすいことから免疫力の低下やガンの発症確率が上がるのではないかと不眠姫は考えています。

薬は本当に必要ですか?

不眠姫が病院に勤めて学んだことは、もちろん病院がないと困るし必要だし病院に勤めている方は素晴らしいと思いますが「病院における医療では実は本当の意味でベストな病気の治し方ができない」ということです。

大学を出てから不眠姫は、本当に大切な人とそのご家族は栄養管理で病気を治すようにしました。

あともう1つ学んだことは本当に薬を使うのが必要な場面は2つしかないということです。1つは薬を出さなければ命が救えない場合で、2つ目があまりに苦しんでいて薬を出さなければ大きな苦痛を取り除けない場合です。

日本の精神科医はやたら睡眠薬や安定剤を出す医師が多いです。「眠れない」と訴える人が外来に来るとなぜかたいした日常生活に関するヒアリングもせずに睡眠薬を出す医師が多いのです。

そして眠れない人も医師が睡眠薬を出さないと「睡眠薬を出してください」と言う方が多いようです。眠れないことにこだわりすぎて自分の生活を省みることができていないのです。

寿命が縮まるということは相当身体に悪いものなので、まずは生活のリズムを規則正しくして薬ではなく天然の成分からできた休息サプリメントを飲んで様子をみてから睡眠薬は最後の手段にすることをおすすめします。

ストレスによいGABAやビタミンB1・B2・B6・B12・ビタミンCと睡眠ホルモンの材料のトリプトファンが入った副作用のない休息サプリメントはこちらです。

どの睡眠サプリが良いか迷う方へ

368af1238335081b98c1a416297da8af_s 睡眠サプリには色々な種類がありますので、正直な話自分にはどのサプリがピッタリなのか分からないし迷っちゃう・・・という方もいるのではないでしょうか。 迷ってばかりでは前に進むことができないので、まずは万能に使えて品質の高いものから選ぶようにしていくのがベストではないかと思います。 当サイトの中でも私が実際にこれまでに使ってきた睡眠サプリを徹底的に比較しながらその効果をまとめています。 ただ症状は人によって違うので本当だったらその人の症状に併せて最適な睡眠サプリを選ぶのが一番です。 これまで私が使ってきた結果と、モニターさんが使った口コミなども統計して考えるとキッコーマンが販売しているピースナイトという睡眠サプリが最も効果的であると考えています。 まずその理由はテアニンとGABAが同時配合されたことによって「機能性表示食品」に認定されていることですね。グッスリ眠ってスッキリ起きることでストレスや疲れも緩和していくことができるサプリになっていると今注目を集めています。 私がこれまで実際に使ってみた結果としてもとくに効果が高いと感じられているものの一つなので、睡眠サプリで迷っているという場合はまずピースナイトからはじめてみるのが良いかと思います。 バナー原稿imp▲ピースナイトの公式ページを確認してみる▲

同じカテゴリー「市販の睡眠薬・漢方薬」の一覧

リポスミンに副作用はある?実際に使って検証してみた

普通に近所のドラッグストアなどでも購入することが出きる市販の睡眠改善薬として知られるリポスミン。 不眠気味で寝 […]

記事の続きを読む

リポスミンの効果を徹底レビュー!安心して使えるか成分から検証

(PR)安心して使える睡眠サポートサプリ「グッドナイト27000」とは? 実際に使った体験談を見てみる ドラッ […]

記事の続きを読む

セロクエルでも効かないうつや不安の対策をするには?

抗精神病薬として発売されているセロクエルという薬があり、飲むことによって通常は心を穏やかにすることができるとさ […]

記事の続きを読む

ドリエルの効き目に頼り過ぎると危険も!?

市販の睡眠薬として有名なドリエルですが、あまりドリエルの効き目にばかり頼ってしまっていると危険性もあるというこ […]

記事の続きを読む

ドリエルを飲んでも効かない場合はどうすればいい?

市販の睡眠薬ということで近くのドラッグストアなどでも手軽に購入することができるドリエル。 手軽さとある程度の睡 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    Copyright© 2017 不眠症改善!サプリの口コミとランキング

    ページトップ