テレビなどの映像を寝る前に見ても眠りの質を上げる方法

よく寝る前にテレビ動画などの映像を見るのはよくないと言われますがついつい見ちゃいますよね。テレビなどの映像を寝る前に見ても眠りの質を上げる方法があったら知りたいという方は多いのではないでしょうか。

a351d3ad0d96763afac35dcfdafe0f23_s

どうしても夜にみてしまうならばせめて寝る前に見ると眠りの質をよくする映像眠りの質を悪くする映像を覚えておくのはいかがでしょうか?不眠姫がまとめていきたいと思います。

寝る前に見ると眠りの質をよくする映像

人は笑うと「エンドルフィン」という物質が脳内に出ます。このエンドルフィンは脳内麻薬とも呼ばれていて疲れ・ストレス・苦痛などを抑える働きがあります。

仕事の疲れや上司からのプレッシャーや家庭のストレスがある場合はバラエティ番組・お笑い番組・ギャグアニメ・漫才を見て笑いまくるとストレスによる不眠を予防するとこができます

笑うと有酸素運動をしたのと同じくらいのものすごいエネルギーを一瞬で使いますので、何回も笑ったり大笑いしたりすると笑い疲れて眠ることができるくらい疲れますのでおすすめですよ。

バラエティ番組・お笑い番組・ギャグアニメ・漫才を見てから寝ようとすると興奮して寝つきがほんのちょっと遅くなるのですが、睡眠の質自体はとてもよくなりますので翌朝のすっきり感は何もしないで寝るよりは高いです。

寝る前の笑いは眠つきを30分ほど遅めますが程よい疲れを起こして寝付いてからの熟睡度は高くなるのです。

寝る前に見ると眠りの質を悪くする映像

ホラー・サスペンス・バイオレンスなど恐怖、残虐、暴力などの映像を見るとストレスを感じた時に出るアドレナリンというホルモンがたくさん出てしまい、睡眠ホルモンを作る妨げになってしまいます。

そのような映像を見ると一日を終えたふつうのサラリーマンの約2倍の量のストレスを感じた時に出るホルモンが出ることがわかっています。

アドレナリンの他にもアドレナリンを緩和するためのホルモンなど、そのストレスに対抗しようとさまざまなホルモンが作られてしまうので夜にせっかく睡眠ホルモンの材料が揃っていてもそれらの材料から他のホルモンが作られてしまい、材料不足で睡眠ホルモンが足りなくなってしまうのです。

暗くなってからの時間帯にはこのような映像は避けたほうがよいといえるでしょう。

睡眠ホルモンを作るための材料を補うサプリメント

とは言っても夜に映像動画をみるとテレビやパソコンやスマホの画面から出るブルーライトにより睡眠するのに必要なホルモンを生成するのが阻害されてしまうので、夜に映像や動画を見る方は映像や動画を見ない人に比べて睡眠ホルモンの材料を多めに補うことが必要です。

夜にテレビやパソコンをスマホを見ると睡眠を阻害するとせっかくわかっているなら、きちんと対策してから好きなように見ることで我慢によるストレスもたまりにくくなりますよね。

ストレスに強くなる栄養素と睡眠するのに必要なホルモンを作るための材料が豊富に含まれている休息サプリメントの体験談はこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ