睡眠のゴールデンタイムに自然と眠くなって寝れるようになる方法

よく22時~午前2時の4時間は睡眠のゴールデン・タイムなのだという話をよく聞きますが、この4時間に眠るとどんな利点があるのでしょうか。
d277a390744cf9e3c09e68bdd48a16e4_s
今回は不眠姫が睡眠ゴールデンタイムについて解説していきたいと思います。

ゴールデンタイムに睡眠を摂る効果

この時間帯というのは、実は成長ホルモンが最も分泌される時間帯なのです。

成長ホルモンの十分な量の分泌により、以下のような作用がもたらされます。

ゴールデンタイムに睡眠を摂る効果

  • ダイエット効果: 成長ホルモンの分泌により代謝が上がり太りにくく痩せやすい体質になる。
  • 美白効果:成長ホルモンはメラニン色素を取り除く効果があるので、しみやそばかすが減る。
  • 美肌効果:成長ホルモンの働きで傷や肌荒れやニキビを修復する作用がある。

また、早起きをすると脳からセロトニンという「幸せホルモン」が分泌され、精神的に安定して豊かな精神で日々を過ごすことができるようになります。

分泌されたセロトニンは夜になるとメラトニンという「睡眠ホルモン」に脳内で変化するため寝つきがよくなり睡眠の質もよくなります。

メラトニンのおかげで自然と早く眠くなり熟睡感があり翌朝もスッキリ起きられるというとてもよいサイクルに入ることができます。

ゴールデンタイム睡眠を摂るとこんなにも大きな効果が得られます。

睡眠時間を早めるのは難しい

ゴールデンタイムに寝るのがよいと聞いても今まで2時に寝ていたのにいきなり22時に寝ようとしても難しいですよね。そんな時は人間の身体のシステムを活用しましょう。

人の身体は朝日光を20分間浴びた16時間後に眠くなるようにできているそうです。なので朝6時までに20分間光を浴びることを心がけていれば22時に自然と眠くなるということです。

最初の何日間は辛いと思いますがちょっと頑張って6時に起きて日光を浴びるというのをやってみるとゴールデンタイム睡眠が摂れるようになりますよ。

「今日は曇りだから家の中でいいや」と思う日もあると思いますが実は曇りの日でも家の中と外の日光に当たる効果なら何倍も外の方がようため天気が悪くても玄関から1歩出るだけでよいので出るようにするとよいです。

それでもどうしても早寝することができない!という方は21時くらいにこちらのサプリメントを飲むのを続けることがおすすめです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ