MENU

不安で眠れない時の対処法

不安で眠れないことってありませんか?そんな時ほどものすごく小さい事が気になって目が冴えてきて、結局寝れなくなってしまったりするものですよね。
2872ed014b2ce27937551a18e24481a7_s
今回は不眠姫が不安で眠れない時の対処法について解説していきたいと思います。

眠れない原因としての精神的な不安感

不眠症の原因として精神的な不調は大きく関わってきます。興奮や緊張と並んで一番の不眠の原因になるのが「不安な気持ち」です

誰でも寝る前にふと何か不安なことを考えてしまい目が冴えてしまったことや、将来のことが気になり不安で眠れなくなってしまったことが一度はあるでしょう。

緊張や興奮は時間をおくことでリラックスして静まることで多少の改善ができますが、不安な気持ちというのは少しの時間が経っても簡単には解消することが難しく不安が長引いてしまいますよね

経済的な不安・金欠・親しい人との死別・離婚・病気・災害・仕事・失業・人間関係の悩みなど不安や辛さを感じる環境に長期間さらされると身体が拒否反応を起こしてさまざまな症状の引き金となります。

原因がすぐに解決されるストレスであれば自然と不眠症は改善されますが、なかなか解決されないようなストレスが原因で不眠が慢性化してしまうと予期せぬ症状を引き起こす恐れもあります。

夜に睡眠を十分に取れないと自律神経のバランスが崩れて以下のような症状が出始めることがあります。

  • やる気が起きない
  • 疲れやすくなる
  • 集中力が続かない
  • 免疫力の低下
  • 便秘・下痢・胃痛
  • 判断力が鈍くなる

不眠症の人は一般的な人よりも交通事故を起こす確率が3倍も高いといわれています。睡眠不足はこれほどにも集中力やとっさの判断力に関わってきます。

また長期間のストレスや不眠が続くとうつ病・全般性不安障害・統合失調症などの精神疾患に繋がることもあります。こうなると自分でできる対策が少なくなるのでそうなる前に自分でできる改善法を取り入れた方がよいです。

小さな不安・短期間で解消できる不安

どうせ眠れないのだから不安で眠れない原因が簡単に解消できるものなら面倒でも一度起き上がってそれらを解消してからにもう一度寝るようにしましょう。

特に考えてしまうことの内容が明日の準備やスケジュールなどであれば布団の中で悩んでいるよりも手をつけて確認した方が安心して安眠することができます。

サザエさんでカツオくんとワカメちゃんが寝る前にランドセルの中身を明日の持ち物にして布団の枕元に明日着る服を置いてから寝ていますが、実はそのようなことが不安なく眠るのにはとても重要なのです

解決するまでに多少の手や時間がかかることでも、眠れずにベッドの中でうだうだするよりも睡眠時間は多少少なくなっても眠りの質はよくなるので寝るより先に解決するのがおすすめです。

不安だとどうせ眠れないので不安がたくさんある場合も解決できる不安や小さな不安を寝るよりも先に解決して不安なく眠りにつくことを最優先させてみるとよいでしょう。

大きな不安・短期間では解消できない不安・漠然とした不安

簡単には解消できない不安やはっきりとした原因が不明の漠然とした不安で眠れないことがありますね。

人生のこと・経済のこと・家族のこと・仕事のこと・将来のこと・子どものことなど重大でスケールが大きな不安ほど解決するのに時間がかかるし簡単には解消しないですよね。

形がない不安に対しては無理にでも違うことを考えて不安な事柄に考えが向くことを防いでください。ですが、そう簡単に自分の意識の方向を変えることはできないかもしれません。

考えないようにしても考えてしまう。無意識のうちにふと先のことを考えてしまっていて、気づくと不安になっているということはきっと一度は誰にでもあります。ですが一度考え始めると他のことを集中して考えられなくなります。

不安で眠れない時の対処法

今回はどうしても考えてしまって不安で眠れない時の対処法を3つ紹介したいと思います。

1.寝る前の儀式をつくる

毎日寝る前に決まった行動を習慣づけると不安で眠れない時でも眠気を誘えることが分かっています。

歯磨きして顔を洗って着替えてトイレに行ったら寝るなどルーティンという単純作業の順番を決めて習慣化をすることで脳に「もうすぐ眠るよー!」と一足先に働きかけることができます。これは意外に大きな効果があります。

それでも眠る時に不安が強い方は寝る直前の儀式を作るとよいでしょう。「机を拭いたら寝る」「日記をつけたら寝る」「パックをしたら寝る」など「〇〇したらすぐ寝る」というように寝る前に毎日決まったことをするということです。

2.寝室は別にする・またはスペースを分ける

寝る時以外にベッドでうだうだしていると「ベッド=寝る」の方程式が確率されないため不眠の方は避けた方がよいです。

また同じ理由で寝室と居間が同じ部屋または寝床から居間が見えると眠りにスイッチが切り替わりにくいと言われています。可能な限り活動している部屋と寝室は分けてるとよいでしょう。

寝るスペースを分けている場合、その隔離されたスペースに入ると脳も身体もスイッチが切り替わりやすく睡眠モードになりやすい状態になります。

ワンルームマンションなどでそうもいかない場合はパーテーションや、つっぱり棒とのれんなどを使い寝るスペースを区切るなどちょっとした工夫をして寝るための環境を居間から遮断するとよいでしょう。

3.目元をあたためる

眠れない時は手足を暖めるのが有名ですが、不安で眠れない方は目元を温めることが大事です。なぜなら目元を暖めるとは神経がリラックスする作用があることがわかっているからです。

まぶたは他の場所よりも皮膚が薄いので温かくしすぎに注意が必要ですが、タオルなどをお湯で濡らして絞った物かタオルを電子レンジでチンしたものを目に乗せるだけで暖まります。面倒な人のは便利なものも売っていますよ。

東急ハンズやLoftにはレンジでチンするタイプの温かくなるアイマスクが売っていたり、薬局には蒸気でホットアイマスクなどといった使い捨ての暖かくなるアイマスクが売っていますので面倒な方はこちらがおすすめです。

ホッカイロは何時間も暖かさが続くのでそのまま寝てしまうと低温やけどになり大変危険ですが、そのまま寝ないのならばホッカイロをハンカチなどにくるんで熱くなくして使うのも手です。

全身が温まることにもなりますので脳と身体をリラックスさせ身体を睡眠モードにします。

それでも不安で眠れない方にはこちらの休息サプリメントがおすすめです。

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>【本当に効く】睡眠サプリ10種類を徹底検証

>>最も即効性がある睡眠サプリ「マインドガードDX」を飲んでみた

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ

同じカテゴリー「イライラや不安で眠れない」の一覧

頭にモヤがかかった感じで眠いし集中できないのは病気なの?

頭にモヤがかかったような感じの症状になってしまって日中でも眠いし集中できないような状態になることはありませんか […]

記事の続きを読む

足がイライラして眠れない!ぐっすり眠るための秘訣とは?

足がイライラして眠れないというような不眠の症状に悩まされている人もたくさんいるようです。 イライラは頭などに来 […]

記事の続きを読む

いびきがうるさい!イライラする前にできるサプリを使った対処法とは

一緒に住んでいる家族のいびきがうるさいことが原因でものすごくイライラしてしまっているということはありませんか? […]

記事の続きを読む

朝がくるのが不安で落ち着かない!緊張感を解くサプリメントは?

朝が来るのが不安で落ち着かないというような心理状態でまともに眠ることもできないような状態になっているということ […]

記事の続きを読む

パニック障害で不安とイライラが交互にくる時の抑え方とは?

パニック障害の症状が出てくると普段はなんともないのにいきなり猛烈に不安になってきたり、不安が治まったと思ったら […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    Copyright© 2017 不眠症改善!サプリの口コミとランキング

    ページトップ