昼間の睡魔を撃退するための対処法とは?

e9a468fc83176b4787e05149e8dbc7ed_s

昼間の睡魔がひどくて悩んでいるということはありませんか?

本当は寝てはいけない時間帯なのに突然襲ってくる睡魔に勝てずについつい昼寝をしてしまうこともあると思います。

休日だったらそれくらいは別にいいと思いますが、平日で仕事があるときだったり、人前に出ているようなときに睡魔がきてしまうと困る場面がさらに増えてきますよね。

寝るわけにはいかないような状況でも昼間に睡魔が襲ってきてしまうようなときはどうやって対処をすればいいのかまとめていこうと思います。

なぜ昼間なのに睡魔がくる?

昼間は普通だったら眠くなったりしないでシャキッと起きて仕事や学業、趣味などに動いているのが理想的です。

それなのに昼間の普通の時間でみんなは活動しているような時間帯なのに睡魔が急激に襲ってきたりするのはなぜなのか。

色々原因があるのでまずは自分だったらどこに当てはまるだろうかというところから見ていきましょう。

夜に寝ている時間が短い

2c06a85402ab452ddd8439ee3b14e675_s

まず夜に何時間寝ているか?というところも昼間の睡魔には大きく影響してきます。

2時間とか3時間くらいしか寝ないような超ショートスリーパーの人も最近はいますが、普通はそんな生活をしていたら睡眠が不足しすぎて脳も体にもかなり多くの影響が出てくることになります。

また睡眠については1時間半で区切るのが理想的と言われているので、中途半端に4時間とか寝ている人も睡眠のリズムがよくないので疲れが取れていない場合があります。

まずは最低でも4時間半、できれば6時間程度は睡眠時間を確保するようにしていくのが理想的です。

時間に余裕があるなら7時間半くらい寝るとなお良いですね。

寝ていると思っても睡眠の質が悪い

睡眠時間が短いだけだったら自分でも自覚ができているので、もう少し寝ればいいだけなので対応は簡単です。

ただ、昼間の睡魔が出てくる原因としては単純な睡眠時間は足りているのに睡眠の質が悪いことが影響してくる場合もあります。

睡眠の質が良いのか悪いのかなんて自分ではなかなか分からないところかとは思います。

  1. 起きているときのストレス
  2. PCやスマホのブルーライトの影響
  3. バランスの悪い食事や飲酒の影響
  4. 寝具やまくらが合わない

こういった様々な要因によって睡眠の質が大きく低下してしまっている可能性があります。

一つの判断基準として夢を見ることが多いと感じているなら、眠りが浅くて質の悪い睡眠になっている確率が高いので、睡眠の質を高めるための対策をする必要があります。

ある程度の質の睡眠を6時間程度取れるようになれば、昼間などに睡魔がきてしまうリスクなどは大幅に少なくすることも可能になります。

自律神経の乱れによる影響

7bb1dcd734e3e5717ba2bb8981680a6b_s

実は昼間に遅食ってる睡魔には夜の睡眠状況とは直接関係がない理由ででてきてしまっている場合もあります。

考えられる最大の理由が自律神経の乱れによる影響です。

自律神経には交感神経と副交感神経があるのですが、普通は昼間に起きて元気に活動しているときは交感神経が活発に働くようになっています。

そして夜に寝る時は昼間に働いた脳や体を休めるために副交感神経にバトンタッチして自律神経はおやすみモードに入ります。

昼間に睡魔がでてしまうのは本来はまだ働くべきではない副交感神経が早くに働きだして、自律神経が休憩モードに入ってしまっている状態になっていると考えることもできます。

これは不眠症と同じ系統の病気でもある自律神経失調症の一つの症状でもあるので、それに合わせた対策をしていく必要があります。

昼間の睡魔を撃退する対処法は?

368af1238335081b98c1a416297da8af_s

それでは昼間に襲ってくる睡魔を早く撃退して快適に過ごせるようにするにはどうすればいいのでしょうか。

カフェインに頼るのはNG

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s

何事も単純に考えたがる人はどうしても眠いならカフェインで眠気を取ればいいという考えに行き着いてしまいます。

確かにコーヒーや栄養ドリンクなどでカフェインを摂取すれば昼間の睡魔を一時的に追い払うこともできるかもしれません。

ただカフェインは胃に負担をかけることになるので、毎日摂取していると胃がただれてきて気持ち悪くなったりすることも多くなります。

しかも中毒性もあるのでカフェインを飲まないと集中できなくなったりイライラしてくるような状態になでなってしまう可能性があります。

その場限りのスッキリ感は確かにありますが、カフェインが切れたときにドッと疲れが押し寄せてきますし、胃にも負担が大きいのでカフェインで眠気を取ろうという考えは一旦置いておいた方がいいです。

自律神経を整えて睡眠の質を高めるサプリが有効

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

まずは昼間の睡魔が酷い場合は睡眠の質を高めることと、自律神経の働きを整える両方の効果が期待できるサプリメントを使うことをおすすめします。

睡眠サプリにはストレスなどによる影響をも緩和してくれる効果もありますし、天然の成分によって自律神経をの乱れまで整えてくれるサプリメントなども存在しています。

睡眠薬のように副作用などのリスクを伴うものではないので、健康に対して後ろめたい気持ちになる必要も全くありません。

むしろ天然ハーブなどをサプリから摂取することは睡眠の質が高まるだけではなく健康にも良いので昼間の睡魔も自然になくなってより快適に過ごせるようになります。

ドリンク型のマインドガードDXは吸収力が高く効きやすい

睡眠サプリにも色々とありますが、はやく昼間の睡魔などをなくして普通に過ごせるようになりたい!という場合はドリンクタイプのマインドガードDXを選ぶといいです。

マインドガードDXは吸収力と浸透力が圧倒的に高いので、同様の成分が入っている錠剤のサプリよりも2倍以上の速度で効果が実感できると言われています。

昼間に睡魔が来たときに飲むのではなく、夜の寝る前に飲んで下さい。

そうすることで翌日から昼間に睡魔が来る可能性を大幅に少なくしていくことができるようになります。

1日で効果がでなかったとしても数日から1週間程度続ければ実感できるようになってきます。

眠りが快適になるので、朝に起きた時から気持ちよくてスッキリした状態で目覚められるようになりますよ。

⇛ 実際にマインドガードDXを飲んでみた体験談はこちら

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ