MENU
不眠症改善!サプリの口コミとランキング TOP  >  眠りの質をよくする方法  >  昼寝をしたらさらに眠くなった!睡眠慣性の少ない適切な昼寝の時間

昼寝をしたらさらに眠くなった!睡眠慣性の少ない適切な昼寝の時間

昼寝をしたら寝る前よりもだるさや眠気が増した…という経験をしたことはありませんか?
9ab41f29df3f77c5116ce2f0f65f76ed_s
「目が覚めた状態なのになんだかまだ寝ているような感覚」のことを睡眠についての学問の中では「睡眠慣性」といいますが、今回は不眠姫がこの睡眠慣性が強まりにくい昼寝の時間について解説していきたいと思います。

睡眠慣性は昼寝でも起こることがある

昼寝をしても「自然とすっきり目覚める時」と「寝る前より眠くなってグッタリ起きる時」があることに気が付いている人も多いでしょう。ではどのようなメカニズムで寝起きの感覚は決まってしまうのでしょうか。

昼寝は眠気や疲れを取るもっとも効果的な手段ですが30分以上の睡眠を取ると、深い眠りに入ってしまい「睡眠慣性」という現象が起こって寝る前より眠気や疲れが増すことがあります。

30分以上眠ると脳が「長く眠る」と勘違いして4段階ある眠りの深さのうち一番深い「深度4」の眠りについてしまうため、脳が半分寝たまま身体だけ起きるような状態になり昼寝する前よりも眠気やだるさが増すということになります。

一番深い「深度4」の眠りから急に覚醒すると睡眠慣性が強く出やすいため昼寝をするならば30分以下またはレム睡眠とノンレム睡眠の1セット分である90分~100分が一番よいでしょう。

30分以下だと「深度2」までしかいかないことが多いため、睡眠慣性は5分~20分で改善されることが多いです。ですが睡眠不足や疲労回復が間に合っていない場合には適切な時間の昼寝でも疲れを取ろうと深い眠り「深度3」「深度4」にいきなり入ってしまうことがあるため、適切な時間の昼寝でも寝た前より眠気やだるさがひどくなっている方は睡眠の質の見直しが必要です。

睡眠慣性からの回復には2時間から4時間を要するので、昼寝の時間を適切に設定しないと単に寝起きが辛くなるだけでなく午後の仕事にも支障をきたしてしまいます。時間帯は12時から16時の間がベストです。

またコーヒーを飲む・ガムを噛む・光を浴びる・電気を明るくするなどの一般的に知られる「目を覚ます」ための対処法も「睡眠慣性」からの回復にはつながらないため対処が必要なのです。

なぜ昼寝で寝すぎて「深い眠りの最中で起きてしまう」と睡眠慣性が強くなるのか

人は長く眠ると寝付いてから3時間はとても深く眠り、それから先は人によって「いつも起きている時間」が近づくと脳から起きる準備をするためのホルモンが出て身体が徐々に体温を上げたり起きる準備を始めます。

しかし睡眠サイクルの途中である「深い眠り」の最中に昼寝から起きると「起きる準備」なしで起きなくてはならない状態となります。本来行われるべき起きる準備をすることができないために眠いのです

深い眠りについている時に目覚ましに起こされただけでも身体にかなりの負担ががかるため本当にだるくなります。

眠いからといって昼寝の時間を長くすると余計に睡眠慣性が強まり眠気や疲れが増してしまうのです。普段の睡眠の質が気になる方やいつもスッキリと起きたい方におすすめな休息サプリメントはこちらです。

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>【本当に効く】睡眠サプリ10種類を徹底検証

>>最も即効性がある睡眠サプリ「マインドガードDX」を飲んでみた

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ

同じカテゴリー「眠りの質をよくする方法」の一覧

セロトニンを増やす方法7選!一番ラクな方法とは?

セロトニンはノルアドレナリンとかドーパミンなどと同様に神経伝達物質として重要な役割をもつ脳内ホルモンのことです […]

記事の続きを読む

昼間眠いのに夜眠くない!?睡眠の乱れを整える対策方法とは

普通に昼間に働いている生活を送っていて昼間は眠いのに夜眠くないというような睡眠状況のバランスが大きく崩れてしま […]

記事の続きを読む

朝シャキッと起きる方法!秘訣は「○○の質」にあった

普通に夜眠ることはできているのに朝起きたときになかなかシャキッとできなくてぐずついてしまう状態になってしまうこ […]

記事の続きを読む

短眠は危険性がある?安全に短眠を目指すために必要な条件とは?

日本人は世界的にみても特に忙しく働いている人が多いですし、相対的に時間が足りないと思っている人が多い人種でもあ […]

記事の続きを読む

短眠でも熟睡できるサプリはある?健康を守りつつ睡眠時間を減らそう

短眠にあこがれを持っているという人も世の中にはたくさんいると思います。 やっぱり無駄にたくさん寝てしまっている […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    Copyright© 2017 不眠症改善!サプリの口コミとランキング

    ページトップ