【一人で寝たい】子供の添い寝で寝不足になった時の解決法

一人で寝たいけど子供が一緒に寝たがって夜中に何度も起こされてしまうとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

平均すると小学4年生頃まではお母さんと一緒に添い寝をしている子供が多いそうです。

私の場合は小学校に入った時点ですでに添い寝はしておらず一人で寝ていた記憶があるのである意味驚いていますが、結構大きくなった子どもと一緒に寝ているお母さんはたくさんいるのですね。

不眠姫
今回は一人で寝たいのに子供の添い寝や夜中の咳などで起こされてしまう…というお悩みをお持ちの方の対策法を紹介します。

 

子供の添い寝で夜な夜な起こされる

子供がまだ小さいとどうしても添い寝をしている家庭が多いと思います。

しかし添い寝をしていると子供のうちは小児喘息や寝汗などでとにかくお母さんは夜な夜な起こされることが多いのがつらいですよね。

子供が小さいうちはとにかく一緒に寝ると一々起こされてしまい結果としてお母さんが慢性的な寝不足状態になってしまうことも多々あります。

子供の添い寝で起こされないための対策法や気になる子供の咳や寝汗対策を紹介します。

起こされる原因と対策法

ここでは一人で寝たいけど子供の添い寝をしていて夜な夜な起こされているお母さんたちの最も多い原因と対策法を紹介します。

子どもが夜中に激しい咳をする

子供の添い寝の最も多い理由が夜中に度々起こす激しい咳がネックでなかなか添い寝をやめられないという方が多いようです。

そもそも夜中に起こす咳は小児喘息が原因だったり風邪が原因だったりと色々理由はありますが、ちょっとした工夫で咳を起こしづらくすることが可能です。

まず咳にも種類があって喘息などにみられるような「ゼイゼイ・ヒューヒュー」と言った呼吸や席の場合は喘息の治療薬などを上手く活用する必要があるため原則主治医と相談しながら解決するのが1番です。

それ以外の場合は実は寝室の環境によって起きている場合もあるのでまずは寝る前の環境をしっかり整えてあげるようにしましょう。

夜中に起きる咳を予防するために効果的な対策は以下のものがあります。

夜中の咳の対策法
  • 温かい飲み物を飲む(はちみつレモンなど)
  • マスクをして横向きに寝る
  • 室温と湿度を一定に保つ
  • 寝室を生活に保つ
  • 寝る前はリラックスさせる

夜中に起きる咳の原因で最も多いのが鼻水が寝ている間に後鼻漏として喉の方に降りてくる現象と、副交感神経が優位になることで気道が狭くなり喉が刺激されて咳が出る場合が大半です。

後鼻漏の場合は副鼻腔炎や風邪などによって鼻水が溜まっていることが原因なので耳鼻科などで治療する必要があります。

寝ている間はとにかく気道が敏感になっているので空気の乾燥やホコリなどちょっとした原因でも咳を起こしやすくなるので寝室は生活な状態で湿度と室温を一定に保つようにしましょう。

不眠姫
夜中の咳が落ち着けば寝ている間の心配が減るので添い寝を卒業させたり、夜な夜な起こされる原因が自然と減ってくるはずです。

 

子どもの激しい寝汗で起こされる

子供と言うととにかく寝汗がひどくて夜な夜な着替えをさせていたら不眠気味になってしまったという方もいると思います。

大人と子供では基本的に子供のほうが基礎体温が高いので大人の私達が快適な寝室温度でも子供のとっては暑すぎる事があります。

正直寝ている寝室の室温を一定に保っているのなら寝ている夜中にわざわざ着替えをさせる必要はないです。

着替えによって睡眠の質が低下してしまう方が問題なのである程度お母さんもおおらかに気にしないことも大切です。

寝汗対策としては季節や室温にあった寝具とパジャマ選びが重要です。

対策法
  • 揮発性の良いパジャマ
  • 季節ごとに寝具を変える
  • 室温を一定に保つ
  • 寝る前はリラックスさせる

寝汗を書いているということは室温が高すぎるか寝具の保温性が高すぎている場合がありますので、肌掛け毛布など寝具を見直しましょう。

不眠姫
更にあせもなどが心配な方はコットン素材で揮発性が高いパジャマを使うなど汗を溜め込まない素材の物を選びましょう。

 

子どもの寝言や動きが気になって寝れない

ここまでで紹介してきた内容は咳や寝汗が心配で添い寝をやめられないという方でしたが、単純に子供が添い寝を卒業できなくて一緒に寝ている場合は一人でなたくてもなかなか子供を切り離すのが難しいですよね。

お母さんたちが添い寝度多い悩みが隣に子供が寝ていると寝言や寝相が悪くて夜中に度々起こされてしまうという悩みです。

この場合は根本的に自分以外の人が隣で寝ていることで睡眠の質が低下していて、ちょっとした刺激で起きてしまうという状態ですので睡眠の質を高くして熟睡できるようにすることが大切です。

そこであおすすめなのがマインドガードDXという飲むタイプの睡眠サプリです。

マインドガードDXは妊娠中でも飲めるほど安全性の高い睡眠サプリで、子供も飲むことが出来るのが最大の特徴です。

寝る前に飲んでおくだけでストレスの緩和や睡眠の質の向上効果があるので、普段興奮して寝付きが悪いお子さんや夜な夜なちょっとした物音で起きてしまうお母さんにはピッタリです。

不眠姫
実際にマインドガードDXは子供の不眠で悩むお母さんたちの間でも使われているので気になった方はこちらの記事も参考にしてください。

 

子どもが不眠症で眠れない時に親としてすべきこととは?

2016.03.05

子供の添い寝は日本独自の文化

そもそも日本では子供が大きくなるまでは添い寝をするのが当たり前という風潮がありますがアメリカなど海外の国では生後6ヶ月後くらいから別々の部屋で寝かしつけます。

そうするともちろんお母さんの睡眠も確保できますし、無理に一緒に寝るよりも子ども自身の睡眠の質も上がるのでは?と思います。

どうしても添い寝をすると寝言や寝返りなど睡眠の妨げになる事が多いので、無理に添い寝を続けるよりは思い切って添い寝をやめて子供の睡眠環境を整えてあげるのも親心だと思います。

注意点としては幼い子どもの添い寝を完全に断ち切るのではなく体調や様子を見ながら適度にスキンシップの1つとして添い寝をしてあげることは必要だと思います。

一人で寝たいあなたへ

夜な夜な起こされてしまうと仕事や日常生活にも支障が出てきますし、睡眠不足はイライラなどの原因にもなります。

最近では少々高めになりますがオーガニックコットンのパジャマや肌掛け布団など咳や寝汗の原因となるものがカットされている寝具も多く販売されています。

寝汗や咳が続くと子ども自身の睡眠の質の低下にも繋がりますので思い切って寝具を整えて見るのも解決法としてはおすすめです。

不眠姫
夜中の中途覚醒が気になる方は睡眠サプリを活用するだけでも睡眠の質が上がって、ストレスの緩和にも役立つので最近睡眠不足気味でイライラし易いという方は是非参考にしてみてください。

 

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ