GABAは不眠症には使える?睡眠に対する本当の効果とは

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

GABAといえばイライラや不安などを取り除くことができる成分として有名です。

正式名称としては「γアミノ酪酸」などと呼ばれています。γは「ガンマ」と呼びます。もともと人の体内には存在している成分でもあって神経伝達物質として働くのでリラックスした状態を作ったり、ストレスから脳などを守るために働く成分でもあります。

コンビニにいけばGABAのチョコレートなども売っていて、そのパッケージを見てみるとイライラに効くというような記載がされているのでその効果の印象が強いのではないでしょうか。

一般的に認知されているイメージからしてもGABAは不安やイライラなどに効くということで精神的に不安定になることによる症状などを改善したり緩和する役割があります。

すると不眠症などの睡眠に関するトラブルや悩みにも効果を得ることができそうですよね。

今回はGABAは不眠症などの症状を持っている人がそのような睡眠に関する悩みを改善していくために使う価値があるのか?といったところについて具体的にまとめてお伝えしていこうと思います。

GABA配合の睡眠サプリ「グッドナイト27000」とは?効果と総合評価

GABAは不眠症には効くのか

あまり過剰な期待をさせても仕方ないので、実際のところどうなのか?という点について端的にお伝えしていきますとGABAだけを摂取して不眠症が治るということはないです。

もちろん人によってはGABAをきっかけに不眠症の症状が改善の方向へシフトしはじめるということもあるかも知れませんが、それはあくまでも希望的観測に過ぎません。

GABAといえどもある症状を改善していくために特化して作られているような医薬品とは違いますので、そこまで大きな効果をこれだけで得られるということはありません。

ただ、GABAはもともと人の体内にも存在している天然のアミノ酸の一種なのですがそれが不足してくることが結果的に精神に大きなストレスを抱え込む原因になってしまったり、GABAが足りないから社会生活におけるストレスに耐えることができなくなってしまうということはあります。

つまりGABAを意図的に摂取して体内に増やしていくことでストレスに対する耐性を付けて不眠症に対抗できるだけの精神力をつけていくといった使い方はできるということです。

そう考えるとGABAは直接的ではないにしても間接的に不眠症に効果があるという見方もできるわけです。

GABAが足りないと睡眠障害に陥りやすい

e6fc6ea504c7d5039c2bf21dd5961920_s

実は睡眠障害になって不眠気味になる原因の一つとして寝ようとしても精神が興奮している状態が治まらずにグルタミン酸が多量に分泌されたままになるということがあります。

これは日中に受けたストレスなども影響していることなのですが、グルタミン酸の過剰な動きを抑制するためにもGABAは必要不可欠な存在です。

しかしそんな重大な役割を担っているGABAが足りないとなるとベッドなどに入っていても脳が興奮状態になったままで睡眠モードに切り替えるのが難しくなるという問題などがあります。

グルタミン酸が多量に分泌されるのが大元の原因ではあったとしてもやはりGABAが足りないとその対抗ができないということになってしまいます。

その意味でもGABAを摂取するのは脳の興奮を鎮めてリラックスモードで睡眠するためには重要ということです。

睡眠をサポートする一つの成分としてGABAは取り入れるべき

GABAは不眠症の症状を劇的に改善するまでの効果は期待できませんが、摂取すれば睡眠状況をサポートしていくことは少なからず可能になります。

睡眠薬などには頼らずに不眠症をそういった栄養素などを取り入れることによって改善していきたいならGABAはその栄養素の一つとして取り入れるべきです。

しかし不眠症を改善するにはGABAだけを摂取するよりも、相乗効果によってさらに効率的に睡眠状況を改善できるトリプトファンやグリシンなどの成分も同時に取り入れていきたいところです。

そうなるともはや単独のサプリメントなどでは補いきれなくなってくるので、それらが全て含有されている睡眠サポートサプリメントなどを活用する必要がでてきます。

そのためによく使われているのがグッドナイト27000というサプリメントです。このサプリメントであればGABAはもちろんトリプトファンもグリシンも全て高濃度で含まれています。

そのため他のサプリメントなどを同時に摂取する必要性がないので非常に楽に不眠症の対策として使っていくことができます。

この記事のまとめ

今回はGABAで不眠症の対策はできるのか?ということについてまとめてきました。

簡単にまとめると、GABAは睡眠の質を向上させるポテンシャルを秘めている成分ですが、それ単体で不眠症を解消させるには力不足であるということです。

GABAと一緒にトリプトファンやグリシンなどを摂取していけば睡眠に対する相乗効果は得られるので通常よりも早く効果を実感して不眠症を改善させることはできるようになってきます。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ