睡眠薬だと副作用が心配!子供の不眠症に最適なサプリメントとは

近年、スマホの普及や24時間遊ぶことができる場所が増えたこと、また受験や塾での夜遅くまでの勉強、対人関係やイジメなどのストレスから子供不眠症が増えています。

baf59dacaf2c90b9482cd62b75958def_s

中学生、高校生はまだまだ成長期ですので、不眠症による睡眠不足でその成長の過程に悪影響を及ぼすことがあります。なので、成長期の子供の不眠症はとっても心配になってしまいますよね。

大人も子供も一般的に副作用の内容は同じですが、身体が未熟な分子供が睡眠薬を飲むと大人より副作用が強く出ることがあったりするので子供に安易に睡眠薬を飲ませることはあまり安全ではありません。

中学生、高校生はもうすでに身長が親よりも身体が大きかったりすることも珍しくないですが、実は内臓がまだ成長中なのです。もう大きいから大人と同じと思って、睡眠薬を安易に服用してはとっても危険なことがあります。

今回は、子供が睡眠薬を飲むとどういう風に有害なのか解説していきたいと思います。

まだまだ成長期の中学生や高校生が睡眠薬を飲んだ時の副作用

睡眠薬副作用は、脳などの中枢神経に悪影響を及ぼす症状が多いです。具体的な症状は以下の通りです。

病院で処方される一般的な睡眠薬の副作用

  • 薬物依存
  • 離脱症状
  • 記憶があいまい、もうろう状態、夢遊状態
  • 翌朝の眠気、頭が重い、頭痛、だるさ
  • ふらつき、めまい感、倦怠感、脱力感
  • 発疹、かゆみ

一般的な市販の睡眠薬の副作用

  • 起床時の頭重感
  • 日中の眠気
  • 頭痛
  • 悪心
  • 胃痛
  • 気分不快

あとは薬の成分の蓄積も懸念されます。子供の時から睡眠薬を飲んで、もし大人になっても飲み続けたとしたら生涯で睡眠薬を飲んでいた年数が長くなることになります。そうすると早い方では18歳くらい、遅くともわたしたち大人くらいの年齢になった時の若年性認知症などの恐ろしい脳の病気にならないかとっても心配です。

成長期の子供にも使える、安心安全な睡眠サプリメント

子供の成長スピードは個人差が多く、生活環境により大きく変動するのです。最近の子供は深夜まで起きていることが多く見受けられます。「寝る子は育つ」という言葉があるように、十分な睡眠が損なわれることで成長に大きな影響を及ぼす成長ホルモンが分泌されず身長だけでなく内臓の成長などにも大きな影響を与えることがあります

また成長ホルモンの分泌には活発に行われる時間帯が存在し、その時間帯は22時~2時までといわれています。この時間帯を考慮すると、就寝後2時間以後に成長ホルモンは分泌されるので20時くらいから少し眠気を感じて22時に寝るようにすると、身体が本来持つ成長を損なわずに得られる可能性が高いのです。

しかし、近年では電気がこうこうとついているだけではなくTV・パソコン・スマホ・ゲームなどにより夜に目に光を受ける機会が増えたために、この時間に自然に眠くなるというという子供は少数派です。だからといって、睡眠薬の副作用は心配ですよね。

天然の休息力にこだわりを持って製造されている睡眠サポートサプリのマインドガードDXという睡眠サプリメントであれば子どもが使っても副作用の心配がないので安心して使えるようになっています。

子どもが眠れないと悩んでいても睡眠薬を与えるのは副作用が心配という方はこういったサプリメントを与えてみるのが安全で効果的かと思います。

マインドガードDXを実際に使ってみた効果と体験談はこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ