高齢者の昼寝は認知症やボケに繋がる?正しい昼寝の知識

昔は「昼寝したらボケる」「昼寝すると夜寝れなくなる」とよく言ったものですが、最近ではそれは長時間の昼寝であって、30分以下の昼寝の健康効果についての研究が進んできています。
2e86d2dc06ecee9e4c6586cbd1bfadcd_s
今回は不眠姫が高齢者昼寝認知症やボケに繋がるのか解説していきたいと思います。

年をとると睡眠が変わってくる

年をとるとどうあがいても脳の機能は衰えて来るため、覚醒させる力も眠らせる力も弱まって来ます。

そのため起きていても眠いし眠っていても寝つきが悪かったり眠りが浅かったりして夜中にすぐに目が覚めたり早朝覚醒するなどといった具合で、なんとも具合の悪いメリハリのない状態になってゆくのです。

睡眠に悩みを持つ高齢者や不眠症を訴える高齢者も増えています。高齢者ではないですが不眠姫の50代の母も更年期性の不眠に陥っていてやはり年をとると睡眠に関する悩みを持つ方は多いように思います。

少し前までは「昼寝すると夜に寝れなくなる」という考え方が主流だったため昼寝はよくないとされていましたが、近年の研究では高齢者の「短い」昼寝は健康のためにはむしろ奨励すべきことがわかって来ているのです。

高齢者の昼寝の健康効果

65歳以上の高齢者に30分間の昼寝を摂ってもらうと午前中の疲れが取れて午後からの体調が改善し、覚醒度が上昇してボケ防止につながることがわかっています。しかし昼寝が長時間になると認知症のリスクが上がることがわかっています。

また昼寝の最中には血圧が低下しますので中年の方や高齢者が昼寝をすれば,高血圧や脳疾患や心疾患の予防に役立つという研究結果もあり健康効果も期待できます

しかし目覚めた時に急激に活動すると脳梗塞や心筋梗塞が発生する可能性があることも指摘されていますので、昼寝から起きたらまずは立ち上がらずに座ったまま暖かいお茶でも飲んで身体を暖めて起こしてからゆっくりと活動しましょう。

高齢者の昼寝の習慣とボケとの関係の研究によると「昼寝の習慣のない高齢者」と比べて「30分までの昼寝を習慣的にとっている高齢者」ではアルツハイマー型認知症発生の危険率は5分の1まで低下することが報告されています。

「昼寝の習慣のない高齢者」と比較して「1時間以上の昼寝を習慣的にとっている高齢者」ではアルツハイマー型認知症発生の危険率危険率は2倍以上に増加するとも言われています。

また高齢者の昼寝の習慣と死亡危険率との関係の研究によると、1日1時間昼寝をすると死亡の危険性が3倍、1日2時間以上の昼寝をとっている場合では14倍になることからやはり昼寝は30分までがよいようです。

しかしもともと寝つきの悪い高齢者の方はいくら昼寝に健康効果があるといっても夜の寝つきが心配でなかなか昼寝に踏み切れないですよね。

若くない場合に寝つきが悪いからと言って睡眠導入剤や睡眠薬を飲むと認知症やボケの原因になります。睡眠薬のように翌朝の眠気やだるさやボケの心配のないおすすめの休息サプリメントはこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ