寝たら疲れるのはなぜ?寝て疲れをとる方法

e6fc6ea504c7d5039c2bf21dd5961920_s

疲れたら寝てその疲れをとるというのが普通のはずなのに、なぜか寝たら疲れるというような状況になっていることはありませんか?

本来は疲れをとりたいから睡眠をとるはずなのに、それで逆に疲れてしまうようだと元も子もないですよね。

寝て疲れをとるという誰でも普通にできるはずのごく当たり前のことができなくなっている理由は実は色々と考えられます。

なぜ寝たら疲れるのか

では色々と考えられる寝て疲れる理由には具体的にどんなものがあるのか可能性として高いものを幾つかご紹介していこうと思います。

寝過ぎで睡眠のリズムが乱れた

b3819e0d5bff9291e86f6359f67889be_s

意外と盲点なのですが、特に多いのは寝過ぎてしまっていて睡眠のリズムが崩れていることが原因となって起きた時に変な疲労感を感じることがあります。

本来寝ておくべき時間に無理をして起きていたりすることがあると、その反動で翌日に寝過ぎてしまうことなどもよくあると思います。その後起きた時などには異常なほど疲れが溜まっていて頭が重くなっていたり目の周りがずっしり重くて痛い感じになる場合があります。

起きる時間も寝る時間もできるだけ乱さないようにして、6時間くらいの睡眠に留めるようにしておくと睡眠による疲労回復などが正しく行われるようになって症状が改善されることも十分にあります。

自律神経が大きく乱れている

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

ただ寝過ぎているだけだったら、少し工夫して寝る時間を調整するだけで症状が改善されますが、自律神経の乱れなどが原因になっているとなると少し事情が変わってきます。

まず自律神経はなぜ乱れるのか?というとこれも色々と原因が考えられるわけですが、大まかに言うと以下の3つが多いです。

  • 日常的なストレスが大きすぎる
  • 昼夜が逆転するような不規則な生活を送っている
  • 女性ホルモンの乱れや精神疾患がある

 

やはりまとめてしまうとストレスが原因であることが一番多いですが、年齢によっては女性ホルモンのバランスが乱れるようになっていたり、そこから派生して精神疾患を抱えるようになってしまったというケースもあります。

年代としては50代後半から60代後半くらいまでの女性だと閉経後の女性ホルモンの乱れなどが原因である可能性も高いです。

若い方だと、そういった心配はないかもしれませんが、仕事のし過ぎであったり、生活リズムを崩す仕事の影響などが自律神経に悪影響を与えてしまっているということも十分に考えられます。

寝て疲れを取る方法とは?

寝て疲れを取るというのは普通の人からすれば当たり前のことなんじゃないの?と感じるくらいのことですが、できない人がいるからこういった悩みが増えているのです。

簡単にいうと、先ほどの原因でお伝えした部分が改善できれば寝てしっかりと疲れをとってスッキリと目覚めてそのまま快適に過ごすことができるようになります。

ストレスが大きいと感じている場合

70efb3b9931c15dec0f0bbd3513ded47_s

まずストレスが大きすぎるのであれば、なるべくそのストレスを減らす努力をしてなおかつ溜まったストレスを発散するようにしていく必要があります。ストレスを放置するから自律神経が乱れるということでもあるからです。

本来は寝ることがストレスを解消にもなっているので、それができないことが余計にストレスになってきて悪循環が続きますが、その場合はストレスを減らしてその影響を抑制できるサプリメントなどを使ってみると効果的です。

ストレスに効く成分といえばGABAやトリプトファンなどがありますが、そういった成分を凝縮して配合しているグッドナイト27000などを使ってみるとスムーズに症状が改善できるでしょう。

年齢や更年期の症状に原因がある場合

また、年齢の問題や更年期などが原因となって日常的なストレスがあるわけではないのになぜか寝て疲れが取れない場合は更年期の女性ホルモンの乱れを改善できる成分が配合されたサプリメントを使うのも有効です。

更年期系のサプリとしてはキッコーマンが販売しているピースナイトというサプリがあるのですが、こちらについてもストレスに効くGABAは配合されていますし、更年期の影響を緩和してくれるナツメ抽出物などが含まれているのでスムーズに症状を改善していくことが可能になります。

自分が寝て疲れが取れない原因はストレスにあるのか、それとも更年期にあるのか少し考えてみてどっちを使うべきなのか検討してみるのがいいと思います。

この記事のまとめ

今回は寝て疲れる原因や寝てしっかりと疲れを取るために必要となる方法についてまとめてきました。

寝て起きた時に疲れを感じているからといって、その疲れを誤魔化すために栄養剤やカフェインなどを摂取して一時的にやり過ごすと言う方法もありますが、これでは根本的な解決にはなりません。

むしろカフェインに頼った対策だとカフェインが自律神経をさらに乱すことになりますし、溜まった疲れは取れるのではなく後に引き伸ばされているだけなので反動を後から受けることになります。

少しでも安全に対処していくためには今回お伝えした内容を加味して対応していくのが理想的です。

>>睡眠の質を高めて疲れを取る!グッドナイト27000の効果と体験談をみる

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ