寝てるときにビクッっとなるやつは何?「寝ピク対策」とは

授業中や仕事中にウトウトしている時に、つい寝ちゃって寝てるとき不意に身体がビクッ」として起きて恥ずかしい思いをしてしまったことはありませんか?あぁあれか…と心当たりがある方も多いでしょう。
511f8d36221b61399150b383c5db5d0e_s
今回は不眠姫が「寝ピク対策」について解説していきたいと思います。

寝てるときにビクッっとなるやつは何?

一瞬だけ覚醒状態が遮断されることで一瞬の眠りに落ちて身体がビクっとすることをジャーキングといいいます。

このことを今の若い人は「寝ピク」と呼んでいるらしいですが、寝てるときビクッと体が動く現象の正式名称はジャーキング」と言います。

深い眠りに入る瞬間つまり脳が起きている状態から眠っている状態へ移る時の自然な生理現象で、脳が混乱して自分の意志とは関係なく筋肉を急激に収縮させる命令が送られるため身体が「ビクッ」となるといいます。

寝てるときビクッとなるのは学校や会社の机の上や椅子の上など身体に無理がかかる体勢で寝ている時、寒すぎる暑すぎるなど寝苦しい時、疲れが溜まっている時に起こりやすいです。

居眠りの場合は大体が座っているためそのまま倒れてしまうと高所からの落下となります。

人間には昔サルだった時に木の上で生活していた時の機能が残っていて体勢が不安定なまま寝ていることは脳もわかっているので、筋肉が緩むと即座にジャーキングを起こして落ちないようにしてくれるという説もありますがイヌやネコでもなることから、やはり深い眠りに入る瞬間つまり脳が起きている状態から眠っている状態へ移る時の自然な生理現象で、脳が混乱して自分の意志とは関係なく筋肉を急激に収縮させる命令が送られるため身体が「ビクッ」となるという説が正しそうです。

「寝ピク」対策

ジャーキングを起こさないための対策としては学校や仕事の昼休みにいっそのこと昼休みに昼寝をすることです。昼寝は時間帯によっては午後の眠気を取って、午後から夕方にかけての仕事・勉強の効率を良くしてくれます。

ベストなのは12時から15時の間の20~30分程度、先にカフェインを摂取してから寝るとカフェインが効き始める頃に起きることになるので、自然にスッキリと目覚めやすいです。

また居眠り中にはジャーキングが高確率で起きますので、居眠り中の寝ピク対策としては居眠り自体を減らすしか方法はありません。

居眠りしてしまいジャーキングを起こして恥ずかしい思いをしている場合は、疲労が溜まって日々の疲れが取れていない証拠のことが多いです。

なので質のよい睡眠を摂れば居眠り自体がなくなりますので寝てるときビクッとなるんがイヤな場合は睡眠の質を上げることに限ります。

毎日の疲れが取れ切れていない方におすすめの休息サプリメントはこちらです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ