寝不足で下痢をするメカニズムと対処法

寝不足が続いた時に下痢をしたことはありませんか?実は寝不足と下痢には密接な関係があります。

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

今回は不眠姫が寝不足下痢をするメカニズムと対処法について解説していきたいと思います。

寝不足で下痢をするメカニズム

自律神経の乱れの原因は不安や緊張などのストレスですが寝不足もまた自律神経の乱れを引き起こす大きな原因になっています。実は寝不足によって一番ダメージを受けるのが腸なのです。

腸には脳からの驚くほどの数の自律神経が網のようにからみつくようにくっついていますので、自律神経が乱れると腸がすぐに不調を起こします。ストレスを感じると胃腸の調子が悪くなる人が多いのはこれによります。

腸と脳は自律神経でつながっているため自律神経の乱れで腸はもともと精神的なダメージを感じやすいというわけなのです。

自律神経のバランスの乱れが腸にくる人は、寝不足により下痢も引き起こしやすくなります。自律神経の乱れが腸の神経を変に刺激して動きすぎることが腹痛や下痢の原因になります。

詳しく言うと排便は自律神経のうち副交感神経で促進されますが睡眠が不足してくると自律神経は不適切なタイミングであっても脳や身体の細胞が壊れるこを防ぐために無理にでも休息をとろうと副交感神経に強い刺激を出してしてしまうことがあるのです。すると異常に強い腸の蠕動運動がおこり、これが下痢の原因となります

疲労・緊張・ストレス・不安感などが高まって自律神経が乱れると腸の働きが過敏になって腸が刺激を受けることで腸の動きが早まり便を作る上で水分を十分に吸収できなくなって下痢になるのです。

下痢が起こす下痢をさらにひどくする要因と対処法

下痢が一度起こると授業中や通学中や通勤途中や会議中が心配になり、更にストレスを感じて下痢など腸の過活動が余計にひどくなってさらに寝不足になる悪循環になりますので早めの対処が必要です

対処法としてはリフレッシュやストレス解消となるような自分へのご褒美を与えることと、寝起きがスッキリするような質のよい睡眠を十分に摂ることがどうしても必要です。

注意が必要なのが間違っても腹痛を薬で改善してはいけません。

なぜなら薬品はたとえ胃薬や整腸剤や腹痛の薬でさえも胃や腸にとても悪く、驚くべきことに薬剤師が見ることができる胃腸薬の添付資料の副作用の欄には「胃痛、胃腸障害、腹痛、下痢」などがあるためです。

睡眠の質が悪いことや睡眠が足りていないことをきちんと自覚して改善しようとすることが必要です。

寝不足による自律神経の乱れや下痢が慢性的になると腸内環境が乱れるだけではなく自律神経失調症や、女性に効く治療薬がまだ開発されていなくて特に女性にとっては一番恐ろしい腸の病気である過敏性腸症候群など重大な問題になってきますので早めの対処をおすすめします。

ストレスの発散が苦手な方や方法が思いつかない方はストレスに強くなるGABAや下痢の改善に必要なビタミンB群などの153種類以上の栄養素が入っているこちらのサプリメントがおすすめです。

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ