寝たくないのに寝てしまう病気とは?眠くなる原因と対策

d9e49095d11663c65aef5e926d4488f9_s

寝たくないのに寝てしまうという状況が続いて困っているということはないでしょうか。別に睡眠時間が足りていないわけでもないし、普通に夜は寝ているはずなのに変な時間に眠くなってしまうと困りますよね。

あまりにもこのような状況が続いてしまうとこれは一種の病気なのでは?と感じてしまうこともあるのではないかと思います。

寝たくないのに寝てしまう病気が実は存在しています。

今回はその病気の詳細と、なぜ眠くなるのかという原因と対策方法についてまとめてみました。

寝たくないのに寝てしまう病気とは?

それでは寝たくないのに寝てしまう病気とはそもそもどんなものなのかというところからお話します。

過眠症という病名を聞いたことがありますでしょうか。

病名があるととたんに現実味が増してきて不安に思うかもしれませんが、今回ように寝たくないのに寝てしまうような状態が慢性的に続く場合は過眠症である可能性が高いといえます。

過眠症についての詳しい原因や改善方法については別途まとめていますが、決して治らない病気ではありません

ただし、放置していて治るものではありませんし、あまり甘く見ていると更に症状が悪化してくる危険性などもあるので早めに対処をする必要性がでてきます。

関連記事:過眠症の本当の原因と自宅でできる対処法まとめ

なぜ必要以上に眠くなってしまうのか

過眠症などの病気である場合は対策をする際にはストレス要因を見つけてから対策をしたり、睡眠の質を改善するための対策を試みる必要などがあるので簡単に治せるというわけではなくなります。

過眠症などの病気ではないのに寝てしまうような場合はいくつか原因が考えられます。

気圧の変化や天気の影響を受けている

12c0c340090bb7ef839f40f870fe4999_s

雨や台風の日などにやけに頭が重くなって気づいたら寝てしまっていたといったような状況になったことはないでしょうか。

法則に気づかずに普通に体調が悪いとか調子が悪いのだろうか・・・と考える人も多いですが、実は天気が悪く低気圧が続いていたりするとその影響を受けて眠くなったり体調を崩すことがあります。

この場合は頭痛薬を飲んだり、お茶やハーブティなどでリラックスしながら早めに寝るくらいしか対策できる方法はありません。

ストレスや脳疲労の影響を受けている

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

普段からのストレスがあまりにも多くて深刻な状態になっていたり、頭を酷使する仕事をしている場合は膿疲労が激しくなりすぎる場合があります。

その結果ストレスであったり脳の疲労が夜にしっかり寝ているはずなのに寝たくないタイミングで寝てしまうような状態を作ってしまうということです。

頭を使う仕事をしたりする場合はそれもストレスになることがありますし、仕事の時間が長くて脳疲労が取れないような状況に頻繁になることもあります。

疲れたときに栄養剤やエナジードリンクなどを飲みながら対応している方も多いでしょうが、それは体の疲労感などを一時的に緩和しているだけで決して脳の疲労やストレスなどの対策になっているわけではありません。

脳をストレスや疲労から守る必要があるので、そのための対策としてハーブドリンクなどを飲むようにすると症状が軽減されるようになります。

決してカフェインやアルコールなどに頼るべきではないのでそのあたりには十分に注意するべきです。

寝たくないのに寝てしまう病気や症状の対策をするには?

それではもしも過眠症のような病気になっていたり、病気ではなくても何らかの原因によって
寝たくないのに寝てしまう状態が続くようになっているとしてどのように対策をしていくのが理想的なのか最後にまとめていきます。

ストレスや脳の疲労に効く成分をハーブドリンクから摂取する

まず日常的にストレスなどを感じる事が多いと言う場合は黙っていても症状が改善されることはないので、ストレスに効くトリプトファンであったり脳疲労に効果のある天然ノニなどをハーブドリンクから摂取するようにしていくのが良いでしょう。

私が愛飲しているマインドガードDXなどはトリプトファンや天然ノニの含有量がとにかく多いので、なるべく早く症状を改善させたい場合には高い効果が期待できます。

睡眠サプリは手軽さと効果のバランスよし

睡眠サプリと言うと眠るために飲むサプリというイメージが強いかもしれませんが、決して単純に寝るためだけに飲むわけではありません。

確かに不眠気味だったり寝付けない悩みを持っている方が睡眠サプリを飲むとその症状の対策として使っていくことができますが、眠くなりすぎるといった症状の対策としても活用していくことができます。

多くの人は眠くなったり寝てしまったりするとそうなりそうなときに目を覚ます対策をとろうとします。

しかし本当に正しい対策といえるのは夜に寝ている睡眠時の質を高めることで、眠った後の体力や脳疲労の回復を徹底的に意識することのほうが確実に重要で症状の改善に直結してきます。

そのために必要な成分がバランスよく配合されている睡眠サプリなどを寝る前に飲むようにしていくなど対策をしていくと寝たくないのに寝てしまう症状や過眠症などの病気を改善していくことができるようになります。

関連記事:本当に効く睡眠サプリはどれか?10種類のサプリを徹底比較

この記事のまとめ

今回は寝たくないのに寝てしまう病気の正体や原因。そして意図しないタイミングで眠くなってしまう理由やその対策についてまとめてきました。

寝たくないと思っているのに寝てしまった時などは起きたときにはかなりショックを受けることもありますし、なぜ寝てしまったのか理解できずにモヤモヤした気分になることも多いと思います。

下手に起きようと対策をするのではなく、寝ているときの睡眠の質に着目した対策をしていくことで比較的スムーズに症状を抑えることができますので、自分でできる対策から取り入れていくといいでしょう。

関連記事睡眠サプリ10種類を徹底比較!本当に効く睡眠サプリはどれ?

本当に効く睡眠サプリはどれ?人気の12種類を徹底的に比較した結果!

関連記事私が愛用している天然ノニとトリプトファン配合睡眠サプリ

マインドガードDXの効果と実際に使用した本音のレビュー

私の不眠症を解消してくれた睡眠サプリ

実力のある睡眠サプリを徹底的に比較しました

 

不眠姫でよく読まれているコンテンツはこちら

現在300記事を超える不眠や睡眠にまつわるコンテンツを掲載しています。こうして見ていただいているのも何かのご縁です。睡眠の質の改善や不眠症にまつわる悩みを解消へ導くために役立つ知識を私の実体験も元にしながらまとめているので、ぜひお時間がある時にでもまったりとご覧いただいて役立てて頂ければ嬉しく思います。

>>起床時の疲労感を軽減するテアニンサプリの比較ランキング

>>キッコーマンの睡眠サプリ「ピースナイト」が効きすぎてヤバイ